生涯学習

宮水学園マスター講座

平成29年度「宮水学園」マスター講座〈前期〉受講者募集案内 ※申込受付は終了しました

更新日:
2017年3月25日
ID:
41910

印刷

シニア世代の“もっと学びたい”を応援します!

 ※申込受付は終了しましたが、参考に情報を掲載しています。


「学んでいきいき!西宮(まち)もいきいき!」

 西宮市生涯学習大学「宮水学園」は、高齢者の皆様が地域社会づくりに取り組む力を培い、健康で生きがいのある生活を創造するための学習と交流の場を提供しています。
 「マスター講座」は、コースごとにテーマを設けそれを深く掘り下げる、より専門的・系統的な学びの場として実施しているものです。
 平成29年度〈前期〉の実施内容は、以下のとおりです。


1.開講コース
 ①幕末日本への招待
 ②日本の神話を学ぶ
 ③暮らしを読み解く経済学
 ※それぞれのコースの詳細はページ下部にございます。

2.募集対象
 平成29年4月1日現在60歳以上(昭和32年4月1日以前生まれ)の西宮市民で、学習意欲のある方

3.受講期間
 平成29年5月~平成29年10月 各コース10
 ※各コースの日程は変更となることがあります。

4.募集人数
 各コース 40人

応募者多数の場合は、3月29日(水)10:30~ フレンテ西宮4階 学習室1-Aにて、公開抽選により受講者を決定します。第1希望の抽選に外れた方は、第2・第3希望のコースがすでに募集人数を超過していた場合は、その抽選に加わることができません。受講の可否については、3月31日(金)に通知を発送いたします。

5.受講料
 各コース 7,500円
 ※受講決定された方にお送りする納付書でお支払いいただきます。
 ※いったん支払われた受講料は、理由のいかんを問わずお返しいたしません

ダウンロードdownload

①幕末日本への招待

1.講師
 笹部 昌利氏【京都産業大学 文化学部 助教】

2.内容
 幕末日本はまさに混沌とした時代でした。江戸時代の日本は、鎖国の名のもとに異国との交わりを制限してきましたが、アメリカ合衆国のペリー艦隊が来航して、あらたな結びつきを求められました。
  ペリー来航は、日本列島に住まう人々に様々な考えを芽生えさせました。異国を遠ざけ、日本のあるべき姿を守るべきとする攘夷論や、外国と交易し、近代化を図るべきだという開国論はその典型で、それらを実現するために、江戸で、大坂で、京都で熱い政治論が戦いあわされました。幕末という時代を生きた人びとは、なにを考え、いかに行動したのでしょうか。幕末激動の日本にご招待します。

3.曜日・時間
 15:00 16:30 (すべて月曜日)

4.会場
 西宮市民会館 中会議室301
 (阪神「西宮駅」から北へ徒歩1分 JR「西宮駅」から南西へ徒歩9分)
 西宮市民会館地図


講師・内容・日程の詳細は下表のとおりです。

テーマ一覧

回 

日程

テーマ

1

 5/8

 「黒船」来航 ―幕末日本の対外観-

2

6/19

 坂本龍馬 ―「脱藩」というおこない―

3

6/26

 新選組 ―浪士としての生き方―

4

 7/3

 井伊直弼 ―開国決断の真意―

5

 7/24

 七卿落 ―三条実美の政治的位置―

6

 8/14

 大久保利通 ―政界への出かた―

7

 8/21

 大村益次郎 ―蘭医の考えた軍事―

8

 8/28

 安達清風 ―京都留守居という仕事―

9

 9/4

 徳川慶喜 ―最後の将軍と京・大坂―

10

 9/11

 西郷隆盛 ―「英雄」像の創られ方―

 ※上記日程は変更および当課実施の他講座の日程と重なる場合がございます。

②日本の神話を学ぶ

1.講師
 村田 真一氏 【佛教大学 講師】

2.内容
 神社にお参りして手を合わせる、ということが折に触れてあると思いますが、そうした神社に祭られている神々については、どのくらい知っているでしょうか。この講座では、日本の神話を代表する書物である『古事記』『日本書紀』を中心に、イザナキ・イザナミやアマテラスなど、今でも神社に祭られている、有名な日本の神々の神話を具体的に読み解いてみましょう。また、西宮市にある神社についても神話の観点から紹介します。

3.曜日・時間
 10:30 12:00 (すべて木曜日)  

4.会場
フレンテ西宮4階 学習室1(JR「西宮駅」から南へすぐ)
フレンテ西宮案内図


内容・日程の詳細は下表のとおりです。

テーマ一覧

日程

テーマ

1

5/18

『古事記』『日本書紀』の神話世界 ― 創世神話から考える

2

6/1

イザナキ・イザナミ ― 国生み・神生みの男女神

3

6/15

ヒルコ ― 流される神の意味と行方(西宮神社)

4

7/6

アマテラス① ― 原像と成長の神話

5

7/20

アマテラス② ― 躍動する荒魂(廣田神社)

6

 8/3

 スサノヲ ― 荒ぶる英雄神の軌跡

7

 8/17

 オホクニヌシ ― シャーマン王から祀られる神へ

8

 9/7

 ホノニニギ ― 天孫降臨の神話と儀礼

9

9/21 

 ヒトコトヌシ ― 大和葛城山の神話と歴史

10

 10/5

 ハチマン ― 新しい神話と仏教

 ※上記日程は変更および当課実施の他講座の日程と重なる場合がございます。

 

③暮らしを読み解く経済学

1.講師
 下村 研一氏【神戸大学 経済経営研究所 教授】

2.内容
 私たちは、ほぼ毎日モノを買います。「これを買おう!」そう思うとき、私たちはどのようにその意思決定をしているのでしょうか。また、モノやサービスを提供する生産者は、どのようにそれらを生産しているのでしょうか。そして、モノの価格は、どのように決まっているのでしょうか。
 この講座は、このような私たちの暮らしの中にあるモノやサービスの売買のしくみを「ミクロ経済学」の考え方で読み解いてみる講座です。経済学の予備知識なしでも学べるよう、たとえ話、ときにはロールプレイングやビデオ上映も交えます。暮らしに身近なモノの売り買いを考えることで、とっつきにくいと言われる「ミクロ経済学」を学んでみませんか。(預金・株・年金の話は登場しません。座標軸と直線・曲線のグラフは登場します。)

3.曜日・時間
 14:0015:30(すべて金曜日)

4.会場
西宮市大学交流センター 講義室1(西宮市北口町1-2 アクタ西宮東館6)
 アクタ西宮


講師・内容・日程の詳細は下表のとおりです。

テーマ一覧

日程

テーマ

1

5/12

需要と供給とは ~価格はどのように決まるのか?~

2

5/26

消費者の行動を考える ~買い物を経済学的観点から考えたら?~

3

6/9

消費者の行動をふたたび考える

4

6/23

完全競争の企業とは ~企業はどうやってモノの生産量を決めているのか?~

5

7/14

前半のまとめ

6

7/28

完全競争市場とは ~売り手と買い手が価格を決めるのか?

7

8/4

不完全競争市場とは ~独占、寡占などの市場の特徴は?~

8

8/25

市場の失敗を考える ~売り手と買い手だけでは解決できない問題とは?

9

9/8

市場の失敗をふたたび考える

10

9/22

後半のまとめ

 ※上記日程は変更および当課実施の他講座の日程と重なる場合がございます。

 

ページのトップへ