教育

教育委員会

西宮市学校施設長寿命化計画策定支援業務の公募型プロポーザルの実施について

更新日:
2017年6月5日
ID:
41900

印刷

事業者の選定について(平成29年6月6日)

 平成29年4月12日までに5社からプロポーザル参加表明があり、西宮市学校施設長寿命化計画策定支援業務事業者プロポーザル選定委員会による審査(書類審査及びプレゼンテーション審査)の結果、平成29年5月23日、株式会社ファインコラボレート研究所を最優秀提案者として選定しました。

 

【選定方法】

 公募型プロポーザル

 

【審査の日程】

 1次審査 提案者締切 平成29年4月12日(水)

      書 類 審 査 平成29年4月13日(木)

 2次審査 提案者締切 平成29年5月8日 (月)

      選定委員会 平成29年5月23日(火)

 

【プロポーザル提案者】(50音順)

・株式会社 極東技工コンサルタント

・株式会社 長大 神戸支店

・株式会社 土屋総合設計

・株式会社 ファインコラボレート研究所

 

【審査講評】

 今回のプロポーザルにあたっては、短い作業期間にも関わらず、各参加者から様々な提案がなされたことに、選定委員一同、厚く御礼申し上げます。厳正な審査の結果、最優秀提案者として、株式会社ファインコラボレートを選びました。

 同社は、自身の持つ豊富な経験と知識を、本市の特長にうまく繋げた提案をしており、また、具体的な先行事例を踏まえたものとなっていました。

 今回の計画策定支援業務は、実効性のある西宮市学校施設長寿命化計画の策定に重要な役割を果たします。十分にノウハウと経験を活かして業務に取り組んでいただき、より効果的な計画が策定できることを期待しています。

公募型プロポーザルに関する質問に対する回答

西宮市学校施設長寿命化計画策定支援業務の公募型プロポーザルに関する質問に対する回答を掲載します。

ダウンロードdownload

公募型プロポーザルの実施について

市は、以下の業務について、受託候補者を特定するために公募型プロポーザルを実施します。

・「西宮市学校施設長寿命化計画策定支援業務」

 本市の学校施設の約6割が築年数30年を超え、今後、更なる老朽化や整備需要の急増が予想されています。このような中、安全性を確保しつつ、学校施設の中長期的な更新・維持管理等に係るトータルコストの縮減や財政負担の平準化を図り、効率的かつ効果的に施設整備を進める必要があることから、「西宮市学校施設長寿命化計画」を策定します。

 同計画の策定支援業務を委託するにあたり、豊富な経験と高い専門知識を有する業者から企画提案を募集し、契約を行う上で最も適した業者を受託候補者として特定するためプロポーザルを実施します。

※このプロポーザルは本業務の受託候補者を特定するものであり、実際の契約については特定後に契約課を通じて行います。

プロポーザルに関する今後の予定や、詳しい内容は、以下の「西宮市学校施設長寿命化計画策定支援業務に係る公募型プロポーザル実施要領」等をダウンロードのうえ、ご確認下さい。

ダウンロードdownload

ページのトップへ