環境・緑化・衛生

環境計画

平成28年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました

更新日:
2017年4月11日
ID:
41104

印刷

開催場所

西宮市役所東館

西宮市六湛寺町3-1

西宮市役所東館の周辺地図

開催日

このイベントは終了しました。

 市では、平成19年度より市民・事業者・行政による1年間の環境活動の結果を広く広報するイベントとして、「環境まちづくりフォーラム」を開催しております。
 今年度は、来年度からの環境基本計画の改定を見据え、改めて西宮の環境を考えるきっかけとして、「これからの環境学習都市としての西宮」をテーマに開催しました。フォーラムの開催結果を皆様に報告します。

開催概要

平成28年度「環境まちづくりフォーラム」

これからの環境学習都市としての西宮

~環境計画の改定に向けて~

【日時】12月23日(金・祝)13:15~15:30
【場所】西宮市役所 東館8階大ホール
【参加者】105名

ダウンロードdownload

プログラム

◆第1部 基調講演「学びあい、支えあう社会を目指して -環境学習都市・西宮への期待-

講師: 元環境省事務次官 / 現社会福祉法人 恩賜財団済生会 理事長 炭谷 茂 

平成28年度環境まちづくりフォーラム 基調講演  

 第1部の基調講演では、炭谷氏より『学びあい、支えあう社会を目指して-環境学習都市・西宮への期待-』をテーマにご講演いただきました。

 現在、「環境問題」だけの関心にとどまってはいけない社会的問題が3つ存在していること、具体的には「こども・児童虐待」、「子どもの貧困」、「障害者の社会参加」の問題があり、環境福祉学の観点からは、「貧困層と公害の関係性が強い」ことや、「子どもと自然の関わりの希薄化」が、登校拒否や発達不良などをもたらしており、子どもの心に大きな影響を与えている現状をご紹介いただき、来場者は炭谷氏の講演に熱心に聞き入っていました。

 また、地球温暖化問題についても触れ、パリ協定は画期的なもので、先進国では事実上の石炭石油の使用禁止にも等しいものだが、この大きな目標に対して、住民力が活かせると説明いただきました。

 そして、今後、「住民力」が求められていく中で、環境学習都市宣言をした西宮市は大きなポテンシャルを持っている点を高く評価いただきました。

 


 ◆第2部 パネルディスカッション 『 地域力を高め、持続可能な社会へ

・ファシリテーター:小川 雅由 氏 (NPO法人こども環境活動支援協会 理事)

・パネリスト:山崎 由美 氏(甲東エココミュニティ会議 代表)

       清水 明彦 氏(社会福祉法人西宮市社会福祉協議会 常務理事)

       上田 久美子 氏(生活協同組合コープこうべ 理事)

         炭谷 茂 氏(元環境省事務次官 / 現社会福祉法人恩賜財団済生会 理事長)

       加藤 周司 氏(西宮市教育委員会 教育次長)

 平成28年度環境まちづくりフォーラム パネルディスカッション

 

 第2部 パネルディスカッションでは、パネリストがそれぞれの立場で取り組んでいる「地域力を高めること」をキーワードにした活動について報告いただいた後、「学校教育については、知識だけでなく、社会と結びついてしっかりと物事を考え、生きていく力を身につけさせようという考え方を学習指導要領に反映されてきている。」

「甲東エココミでは、地元の夏祭りの中で、来場者にごみ分別を指導する役割を中学生が担っており、その結果、ほぼ全てのごみを分別できており、祭りの終了時には、ごみ袋が整然と並ぶ状態になっている。」

「青葉園では、施設の重度の心身障害者の人たちが、地域へと継続的に関わる取り組みを昭和56年から続けている。紙漉きなどの作業を園内で完結させるだけではなく、地域の小学生と関わる形での体験教室を企画する等、地域との共生の社会作りのプログラムを構築している。」

「阪神・淡路大震災をきっかけとしてボランティア活動は広がったが、その活動を地域に根付かせるための財団として作った経緯があり、市民や企業からも寄付を募って、そこでのつながりを作っていきたい。」などの議論が交わされました。

 最後に炭谷氏から「昨今の世界の動きを見ていると、アメリカやヨーロッパでは、社会の分断を進め、地球温暖化も根本から否定する姿勢が見受けられており、懸念している。この流れを止めるために、国の動きはもちろん大切だが、「地域」という単位で小さな草の根の動きを起こすことで、人々にとってより身近に感じる動きとして共感を生み、大きなうねりとなって、影響を与えていけるのではないか。環境学習都市宣言をした西宮は、草の根の動きを起こし、世界の逆流に対して、西宮市から声を出し、大きな行動へと移していくことができるのではないかと期待している。」というアドバイスで締めくくっていただきました。

 


◆ポスター展示

 会場では、小学3年生~中学3年生を対象とした「平成28年度エコポスターコンクール」における入賞作品28作品も展示しました。

 平成28年度環境まちづくりフォーラム エコポスターコンクール入賞作品展


◆アンケートの集計結果

 当日はご多用の中、多数の方にご参加いただき誠にありがとうございました。参加者の皆さまにいただいたアンケートの集計結果は下記ダウンロードよりご覧いただけます。                                      

ダウンロードdownload

関連ページrelated page

環境
生物多様性
平成27年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
生物多様性にしのみや戦略の推進
平成26年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
環境学習サポートセンターミニミニ水族館の生き物
広田山公園~市民参画による生物多様性に配慮した公園づくり
平成25年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
平成24年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
西宮市生態系レッドデータブック
平成23年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
環境学習
環境学習サポートセンター
ミニミニ水族館クイズ
生物多様性
社家郷山キャンプ場
甲山自然の家
甲山キャンプ場
甲子園浜の野鳥情報
平成27年度エコポスターコンクール 入賞作品ギャラリー
2015年度 EWC環境パネル展を開催しました!
平成27年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
「生物多様性保全上重要な里地里山」に西宮市から3箇所選定されました!
環境学習事業
平成26年度エコポスターコンクール 入賞作品ギャラリー
平成26年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
環境学習サポートセンターミニミニ水族館の生き物
事業者による生物多様性の取り組み(企業の森)について
甲子園浜にやってくるシギ・チドリたち

ページのトップへ