医療費助成(福祉医療)

乳幼児等・こども医療

県外の医療機関で入院することになり、受給者証が使えないため医療費の負担が高額になります。軽減する方法はありますか。

更新日:
2017年9月6日
ID:
37511

印刷

ご加入の健康保険で『限度額適用認定証』の交付を受け、健康保険証と一緒に提示していただくと、医療機関の窓口で支払う一部負担金が健康保険の自己負担限度までとなります。

限度額適用認定証の提示なしで自己負担限度を超えて支払われた場合は、後日ご加入の健康保険より高額療養費が支給されます。また、健康保険によっては、独自に付加給付金が支給される場合があります。詳しいお手続きに関してはご加入の健康保険へお問い合わせください。
なお、診療月の翌月以後2年以内に福祉医療費の支給申請をしていただければ、支払われた額のうち、控除額(付加給付・高額療養費・福祉医療一部負担金など)を差引いて、指定された口座に振込みで支払います。

ページのトップへ