西宮市消防局

救急

突然のけがや病気、どうしたらいいか迷ったら…

更新日:
2017年9月12日
ID:
35715

印刷

「救急受診ガイド」及び「全国版救急受診アプリQ助 きゅーすけ」を活用しましょう!

皆さん、突然のけがや病気で、「救急車を呼ぶべきか?」、「病院を受診したほうがいいのか?」迷ったことはありませんか?

そんな時に参考となるのが総務省消防庁が作成した救急受診ガイド2014年度版」、「救急車を上手に使いましょう~救急車 必要なのはどんなとき?~」「全国版救急受診アプリQ助 きゅーすけです。

「救急受診ガイド2014年版」及び「全国版救急受診アプリQ助 きゅーすけ」は、急な病気やけがをして「病院を受診した方がいいか?」「救急車を呼んだ方がいいか?」と困ったときに、ご自身の判断の一助になることを目的に、日本救急医学会監修のプロトコルを基に作成しています。

  • 病院やクリニックに行った方がいいかどうか?
  • 救急車を呼んだ方がいいかどうか?など、迷ったときは、ご利用ください。

 

「救急車を上手に使いましょう~救急車 必要なのはどんなとき?~」は、救急車を呼んだら用意しておくべきものなど「救急通報のポイント」、重大な病気やけがの可能性がある「ためらわず救急車を呼んでほしい症状」、実際に救急車を呼ぶ場合の「救急車の呼び方」などを載せていますので、ご利用ください。

利用する場合は↓↓をクリック!

救急受診ガイド2014年版 表紙

救急車を上手に使いましょう

 

 

実は多い家の中にある危険 事故を未然に防ぎましょう!

けがをする前に事故を未然に防ぐことも大切です!

家の中には危険がいっぱいあります。特にご高齢の方や小さなお子さんの場合、ちょっとした不注意で大きな怪我につながることもあります。事故の原因を知って、事前に対策をとっておきましょう!!

救急事故防止に係るリーフレット(高齢者用)1

救急事故防止に係るリーフレット(高齢者用)2

 

救急事故防止に係るリーフレット(乳幼児版)1

救急事故防止に係るリーフレット(乳幼児版)2

ページのトップへ