こども未来センター

適応指導教室(あすなろ学級)

適応指導教室「あすなろ学級」

更新日:
2017年8月16日
ID:
35392

印刷

・西宮市立の小中学校において、長期間学校に登校できない状態にある児童生徒に対して、
 学校復帰のための支援を行う教室です。
・あすなろ学級は、学校や家庭、関係機関とも充分に連携を図り、一人ひとりに応じた、
 つながりある指導・支援を行います。
・学習活動のほか、体験的な活動を取り入れ、人とのつながりや自分の思いを表現することを
 大切にしています。

 

適応指導教室サポーターに登録される方へ

1学習サポーターについて

西宮市立小中学校において、様々な事情により教室に入れない、長期間学校に登校できない状態に
ある児童生徒に対して、適応指導教室「あすなろ学級」等において学習相談や話し相手等による支
援を行います。

(1)活動内容等

① 活動時間等:1回3時間程度 (午前9:15~12:15頃、または午後12:00~15:00頃)

② 謝礼(交通費程度):社会人…2,500円/回、学生…1,500円/回※ 税込み

(2)配慮事項
・ 『守秘義務』をお守りください。子供に関する内容について学級の外で話すことのないようお願
いします。
・ あすなろ学級経営方針(別紙)を念頭に入れた支援をお願いします。
(学校復帰を目指す)
・ 肩に力をいれずに、子供の話し相手、学習の補助をお願いします。
(子供に寄り添いながら、いろいろな方が話したり、関わったりすることで、大きな支えとなります。)
・ 服装・言動にはご配慮をお願いします。
・ 活動後の報告をお願いします。
・ サポーター活動がスムーズに行われるように、各学期2回、サポーターミーティングを実施していま
す。ぜひ、ご参加ください。
・ 気になることがあればすぐにスタッフに報告をしてください(こんな時どうしたらよいか等) 

 

2. 居場所サポーターについて
教職を目指す、あるいは臨床心理、社会福祉等を学ぶ大学生・大学院生の方、すでにその資格が
ある方について、西宮市立小中学校からの要請で、校内の相談室等で学習相談や話し相手等による
支援を行う「居場所サポーター」をお願いする場合があります。
活動時間は、月曜日~金曜日の週1回、午前または午後の3時間程度とし、1校あたり36回までと
なります。
謝礼については、「学習サポーター」と同じです。

  お問合せはここをクリック

ダウンロードdownload

ページのトップへ