健康(保健所情報)

難病

小児慢性特定疾病医療費助成制度について

更新日:
2017年8月25日
ID:
32464

印刷

小児慢性特定疾病医療費助成制度について

 平成26年5月30日に、児童福祉法の一部を改正する法律(平成26年法律第47号)が公布され、平成27年1月1日より施行されました。

 この制度では、小児慢性特定疾病にかかっている児童等の保護者が医療受給者証の交付を受けることにより、対象疾病に関する医療費の一部の助成を受けることができます。

対象者について

 小児慢性特定疾病にかかっており、以下の全ての要件を満たし、厚生労働大臣が定める疾病の程度である18歳未満の児童等が対象です。

 ただし、18歳到達時点において本事業の対象になっており、かつ、18歳到達後も引き続き治療が必要と認められる場合には、20歳未満の者も対象とします。

 1.慢性に経過する疾病であること

 2.生命を長期に脅かす疾病であること

 3.症状や治療が長期にわたって生活の質を低下させる疾病であること

 4.長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾病であること

対象疾病について

 平成29年4月1日現在、722疾病が助成の対象です。下記のリンクに掲載されていますので、ご確認ください。

小児慢性特定疾病情報センターについて

小児慢性特定疾病情報センターとは、小児慢性特定疾病の患者さんの治療・療養生活の改善等に役立つさまざまな情報の一元化を図り、小児慢性特定疾病の患者さんやご家族、患者団体等の支援団体及び関係学会等の小児慢性特定疾病に関わる皆さまに、できるだけわかりやすく情報提供する目的で、構築されたポータルサイトです。

独立行政法人国立成育医療研究センターが運営しています。

小児慢性特定疾病の対象疾病の詳細や医療意見書が掲載されていますので、ご参照ください。

個人番号(マイナンバー)の確認について

平成28年1月から個人番号(マイナンバー)制度が開始され、申請時に個人番号の確認及び身元確認を行います。

詳細については「個人番号(マイナンバー)の確認について」(PDF)をご覧いただき、申請時に個人番号に関する必要書類をご提示ください。

ダウンロードdownload

必要書類について(新規)

必要書類について

下記のチェック表を参考に、必要書類一式を西宮市保健所健康増進課窓口または各保健福祉センター(中央、北口、鳴尾、山口、塩瀬)窓口へご提出ください。

審査の結果認定されましたら、「窓口にて必要書類を受け付けた日」から有効な受給者証が交付されます。必要書類については、下記のチェック表をご覧ください。

※受診を希望する医療機関等(薬局、訪問看護事業者等含む)は、その所在地を管轄する保健所等からの指定を受けている必要があります。また、医療意見書を作成する医師は、その勤務地を管轄する保健所等からの指定を受けている必要があります。

医療機関等や医師が指定を受けているかどうかは、管轄する保健所等へお問い合わせください。

ダウンロードdownload

申請書類について(新規・血液11疾病)

先天性血液凝固因子欠乏症(11疾病)

①血友病A⑦第Ⅹ因子欠乏症
②血友病B⑧第ⅩⅠ因子欠乏症
③先天性フィブリノーゲン欠乏症⑨第ⅩⅡ因子欠乏症
④先天性プロトロンビン欠乏症⑩第ⅩⅢ因子欠乏症
⑤第Ⅴ因子欠乏症⑪フォンウィルブランド病
⑥第Ⅶ因子欠乏症 

 上記11疾病に該当する場合は、必要書類が通常の新規申請とは異なります。

下記のチェック表を参考に、必要書類一式を西宮市保健所健康増進課窓口または各保健福祉センター(中央、北口、鳴尾、山口、塩瀬)窓口へご提出ください。

審査の結果認定されましたら、「窓口にて必要書類を受け付けた日」から有効な受給者証が交付されます。必要書類については、下記のチェック表をご覧ください。

※受診を希望する医療機関等(薬局、訪問看護事業者等含む)は、その所在地を管轄する保健所等からの指定を受けている必要があります。また、医療意見書を作成する医師は、その勤務地を管轄する保健所等からの指定を受けている必要があります。

医療機関等や医師が指定を受けているかどうかは、管轄する保健所等へお問い合わせください。

ダウンロードdownload

必要書類について(転入)

他市・都道府県発行の小児慢性特定疾病医療受給者証をお持ちで、西宮市に転入された場合は、

他市・都道府県発行の受給者証を発行元に返還し、改めて西宮市保健所・各保健福祉センターで転入の手続が必要です。

有効期間は受付日からですので、早急に手続をしてください。

ダウンロードdownload

必要書類について(変更)

小児慢性特定疾病医療受給者証発行後に、住所、氏名、保険証、受診する医療機関等に変更が生じた場合は、変更の申請・届出が必要です。

受給者証の原本を直接窓口にて新しい内容に書き換えますので、西宮市保健所・各保健福祉センター窓口にて手続をしてください。

ダウンロードdownload

受給者証の返還について

 転居等により西宮市民ではなくなった場合は、小児慢性特定疾病医療受給者証の返還が必要です。

返還届と小児慢性特定疾病医療受給者証原本を西宮市保健所・各保健福祉センターへご提出ください。

※転居先でも引き続き小児慢性特定疾病医療受給者証を使用される場合は、

西宮市発行の小児慢性特定疾病医療受給者証をコピーし、転居先を管轄する保健所等へ提出し受給者証の交付申請をしてください。

ダウンロードdownload

受給者証の再交付について

 小児慢性特定疾病医療受給者証の再交付を希望される場合は、再交付申請書を西宮市保健所・各保健福祉センターへご提出ください。後日、受給者証を再交付致します。

※「小児慢性特定疾病医療費自己負担上限額管理票」は西宮市保健所・各保健福祉センターにて即時お渡しすることが可能です。

ダウンロードdownload

医療費の請求について

小児慢性特定疾病医療受給者証と小児慢性特定疾病医療費自己負担上限額管理票が交付された後は、

医療機関窓口に提示していただくことにより、毎月の医療費の自己負担割合が2割になり、かつ受給者証記載の上限額までの負担額となります。

ただし、新規申請後から受給者証が届くまでの間に小児慢性特定疾病に関する医療費を支払われている場合は、西宮市保健所・各保健福祉センターにて医療費の請求ができる場合があります。

小児慢性特定疾病児童日常生活用具について

 小児慢性特定疾病医療受給者証をお持ちの方で、日常生活用具が必要な場合は、日常生活用具の給付が受けられる場合があります。

 ただし、認定基準及び一部自己負担がありますので、希望される場合は事前に健康増進課難病等疾病対策チームまでお問い合わせください。

受付窓口について

・西宮市保健所
・中央保健福祉センター
・北口保健福祉センター
・鳴尾保健福祉センター
・山口保健福祉センター
・塩瀬保健福祉センター

小児慢性特定疾病審査会について

開催日時原則毎月第3金曜日
開催場所西宮市保健所内
主な審議事項医療費支給認定についての審査
審査会の公開非公開
(理由)非公開情報(情報公開条例第6条第2項に規定)に該当するため。
問合せ先健康増進課 電話:0798(26)3669

ページのトップへ