水道・下水道

上下水道局からのお知らせ

9月10日は「下水道の日」です

更新日:
2017年9月1日
ID:
31271

印刷

 毎年9月10日は 「下水道の日」です。
 平成29年度の下水道推進標語は「下水道 水が自然に かえる道」です。
 下水道には、お風呂や台所、トイレなど家庭等から出る汚水を処理場で浄化し、自然に帰す役割のほかに、雨水をすみやかに流し、街が浸水しないようにする役割もあります。
 西宮市では、安心・安全な暮らしを守り、良好な水環境を実現するため、『西宮市下水道ビジョン』に基づき様々な取り組みを行っています。

「下水道の日」の由来

 1961年(昭和36年)、著しく遅れていた下水道の全国的な普及(当時の普及率:6%)を図るため、「全国下水道促進デー」として始まりました。
 下水道の大きな役割の一つに、雨水を排除することによる「浸水の防止」があり、浸水被害の発生しやすい台風シーズンである210日を過ぎた220日(立春から数えて)にあたる9月10日が適当であるとして定められました。
 1900年(明治33年)に旧下水道法が制定されてから100年を経過し、21世紀のスタートの年にあたることから、2001年(平成13年)により親しみのある名称として「下水道の日」と変更されました。

下水道いろいろコンクール

 「下水道の日」にちなみ、下水道への理解を深めていただくことを目的として、日本下水道協会および日本水道新聞社の主催で、下水道に関する絵画や標語などの作品を募集する「下水道いろいろコンクール」が行われています。
 ぜひこの機会に下水道へ興味を持っていただき、応募していただきますよう、よろしくお願いします。
 詳しくは、公民館などで掲示しておりますポスター、または公益社団法人日本下水道協会ホームページ(下記リンク)内、第57回下水道の日「下水道いろいろコンクール」実施要領にてご確認下さい。

ページのトップへ