環境・緑化・衛生

花と緑

広田山公園~市民参画による生物多様性に配慮した公園づくり

更新日:
2014年6月18日
ID:
30245

印刷

広田山公園~市民参画による生物多様性に配慮した公園づくり

広田山公園(大社町)は、廣田神社の敷地をご厚意により無償でお貸しいただき、まちの中の自然豊かな公園として西宮市が管理し、市民の皆様に開放しています。

広田山公園には、昭和44年に兵庫県の天然記念物に指定された「コバノミツバツツジ群落」があります。当時コバノミツバツツジは、廣田神社の敷地内の十数か所に分かれて群落をつくり、総株数は2万株にのぼると推定されていました。しかしながら、アカマツ林がしだいに照葉樹林化していくことで、林の中に光が届かなくなり、生育に光を必要とする「コバノミツバツツジ群落」は衰退しつつあります。

広田山公園コバノミツバツツジ

この群落を保全・再生していくために、公園に生息する生きものへ悪影響がないよう自然環境を調査・分析し、鎮守の森として多くの生きものが生息する照葉樹林は保全するなど、公園全体の生物多様性に配慮しながら計画をたてています。

生物多様性に配慮した公園づくりのためのゾーニング

計画では、春・夏・秋・冬、季節の移ろいを街中にいながら感じられる、魅力ある広田山公園にするために、目標となるゾーニングを定めています。コバノミツバツツジを保全するゾーンでは、光をあてるため照葉樹の伐採などを行います。さらに、低木の伐採や笹草刈り、落ち葉かき等、継続的にしなければならないコバノミツバツツジの保全活動を、地域の皆様との参画・協働で行うことを目指しています。
※ゾーニングの説明等の概要については、下のダウンロードからご覧いただけます。
 

 広田山公園ゾーニング図

ダウンロードdownload

関連ページrelated page

環境
生物多様性
平成27年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
平成28年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
生物多様性にしのみや戦略の推進
平成26年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
環境学習サポートセンターミニミニ水族館の生き物
平成25年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
平成24年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
西宮市生態系レッドデータブック
平成23年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
環境計画
環境学習サポートセンター
生物多様性
生物多様性にしのみや戦略の推進
平成25年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
平成24年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
西宮市生態系レッドデータブック
平成23年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
西宮市のグリーン購入
環境学習都市宣言(こども版行動憲章)
西宮市環境審議会
西宮市環境基本条例
生物多様性
生物多様性
ヒアリの国内初確認について
2015年度 EWC環境パネル展を開催しました!
「生物多様性保全上重要な里地里山」に西宮市から3箇所選定されました!
生物多様性にしのみや戦略の推進
事業者による生物多様性の取り組み(企業の森)について
甲山グリーンエリアにおける生物多様性保全へ向けた取り組み
「ウォッチング!西宮の自然」調査結果 ランキングを見てみよう!
西宮市生態系レッドデータブック
敷地内緑化の植栽に関する留意点
「保護地区」って何ですか。
仁川自然保護地区について
自然と共生するまちづくりに関する条例

ページのトップへ