防災

東日本大震災西宮市支援対策本部

第13回西宮市支援対策本部会議

更新日:
2017年3月9日
ID:
28634

印刷

東日本大震災被災地への支援について

協議内容)①被災地調査隊からの報告
  • 4月3日 宮城県南三陸町の視察調査結果
  • 4月4日 気仙沼市の視察調査結果
  • 4月5日 石巻市、東松島市、七ヶ浜町の視察調査結果
②今後の支援方針について

西宮市は、中核市の一員として「中核市災害相互応援協定」に基づき支援を行うとともに、今後は関西広域連合の一員である兵庫県が支援する宮城県の南三陸町を中心に、重点的な支援を行う。

③被災者登録制度について

東日本大震災の被災により、本市に避難されている方を把握するとともに、各種の情報提供や支援・ケアを円滑に行うため、被災者支援システムを活用した「西宮市被災者登録制度」を4月11日(月)から開始する。

  • 登録対象者は、東日本大震災で被災された方、または福島原子力発電所の事故に伴う避難指示(緊急)等の対象となっている方で、西宮市に避難・転入された方。
  • 受付は、災害対策課、各支所、アクタ西宮ステーション、市民サービスステーションにて、平日の8時45分から17時30分まで。
④その他

南三陸町は、5月連休明けから小中学校の新学期を始める。教育委員会では、学校再開での間、避難所へ指導主事などを派遣し、心のケアと学習支援を行うことを検討している。

ページのトップへ