防災

東日本大震災西宮市支援対策本部

西宮市調査隊等を派遣

更新日:
2014年2月20日
ID:
28622

印刷

西宮市調査隊等を派遣

§市長訪問及び、職員


基本方針(4月7日付)に基づき、宮城県南三陸町へ正式な支援の申し出及び、支援内容の確認、激励と、既に南三陸町より要請を受けている「情報通信システムの構築・整備」、「復興計画策定」、「災害復旧工事」などの支援のため、市長並びに、各部門に精通した職員を以下のとおり派遣し、各部門の被災状況の実態、行政機能の現状を再調査等いたします。

(1)市長訪問4月9日~4月10日

南三陸町の支援要請内容の確認、激励、被災地視察等のため市長が訪問しました。

(関連リンク) 市長の執務室>市長メッセージ>平成23年4月11日へ→


(2)事前調整要員4月11日~4月13日

事前調整要員


南三陸町の中長期的な支援を要する情報通信システムの構築、復興計画の策定に関する支援方法など事前の調整や現地の状況確認のため要員を派遣しました。

調整要員の一部は、13日以降も残留し、当分の間、支援活動に従事しています。

◎今後は、派遣した職員からの報告に基づき、南三陸町と協議しながら、支援の体制を構築していきます。また、現状、本市と同様に南三陸町へ支援している他都市との協力関係を保ち、兵庫県とも連携を図っていきます。

§被災地調査隊4月2日~6日

宮城県南三陸町へ向け出発。気仙沼市、石巻市、東松島市、七ヶ浜町の被災状況及び避難者の調査を実施しました。

§西宮市先遣隊3月17日~20日

防災・安全局職員2名と技術職員2名 計4名を福島県郡山市、宮城県仙台市に派遣。現地の状況確認や、飲料水、アルファ化米、乾パンなどの食糧を供給しました。

ページのトップへ