防災

東日本大震災西宮市支援対策本部

西宮市の基本方針

更新日:
2014年2月20日
ID:
28503

印刷


西宮市は、中核市の一員として「中核市災害相互応援協定」に基づき支援を行うとともに、関西広域連合の一員である兵庫県が支援する宮城県の南三陸町に対し、支援を行って参ります。

また、阪神・淡路大震災の経験と教訓を有する市として、国や県などの関係機関と連携をとりながら、西宮市独自としても迅速かつ適切に対応して参ります。

東日本大震災に係る災害応援活動に関する協定を締結

平成23年5月26日

西宮市は、宝塚市・川西市・猪名川町と兵庫県阪神支援チームを結成し、宮城県栗原市・登米市と連携して、庁舎等行政機能を失うなどの甚大な被害を受けた南三陸町・女川町に対する応急対策及び復旧対策の円滑な遂行と、行政機能回復に向けての協力・支援を相互に行っていくため、5月21日登米市役所において、5市3町による「東日本大震災に係る災害応援活動に関する協定」を締結しました。締結式には、阪神支援チームからは各副市町長が出席、宮城県の各市町からは市町長が出席しました。

支援チームを組むことで、被災地のニーズに応じた多様な支援ができるとともに、職員らを安定して派遣できるなど中長期的な対応が可能になります。阪神支援チームの事務局は本市の防災・安全局内に設置しました。

今後はこの協定に基づき、定期的に宮城県内で会合を開くなど、相互に協力して被災した2町の要請に応じた長期的できめ細かな支援に全力で取り組みます。


協定を締結した後、佐藤南三陸町長と握手する本井西宮副市長

協定を締結した後、佐藤南三陸町長と握手する本井西宮副市長。
左側は安住女川町長。


協定を締結した5市3町

協定を締結した5市3町。
左から西宮市副市長、川西市副市長、登米市市長、女川町町長、南三陸町町長、栗原市市長、宝塚市副市長、猪名川町副町長。

1.構成
<支援自治体>

宮城県栗原市、登米市
兵庫県阪神支援チーム(西宮市、宝塚市、川西市、猪名川町)

<被支援自治体>

宮城県南三陸町、女川町
 
 
(関係図)
関係図

2.問い合わせ先防災危機管理局 災害対策課(電話 0798-35-3547)


ページのトップへ