西宮市消防局

西宮市消防団

西宮市消防団

更新日:
2014年2月18日
ID:
27904

印刷

沿革

 
時代内容
明治初期頃西宮港の沖仲仕が火災・暴風雨に出動、消防組的作業に従事する。
明治10年4月1日

沖仲仕と大工の組合を合わせて、私設の火防組が組織された。

西宮町公認により西宮警察署長の指揮下に属する。

明治27年2月9日勅令(第15号)、消防組規則施行に基づき西宮町消防組創設。
大正14年4月1日市制施行に基づき西宮市消防組と改称。今津町、大社村、芝村と合併。
昭和14年1月25日警防団令公布
昭和14年4月1日警防団令施行
昭和14年7月9日

勅令(第20号)警防団令施行に基づき西宮市警防団に改組。

本部は西宮警察署に設置、9分団で発足 (小学校校区毎に設置)

昭和15年8月西宮市警防団10分団となる。
昭和16年2月11日武庫郡甲東村と合併、同村警防団を合併、西宮市警防団11分団となる。
昭和17年5月5日武庫郡瓦木村と合併、同村警防団を合併、西宮市警防団14分団となる。
昭和20年4月25日西宮市警防団長に中嶋三藏氏就任。
昭和22年9月26日警防団廃止。西宮市消防団結成。初代消防団長に中嶋三藏氏就任。
昭和26年4月1日

武庫郡鳴尾村、有馬郡山口村、塩瀬村が西宮市と合併、

三村の消防団を合併西宮市消防団1本部26分団となる。

昭和40年4月1日西宮市消防団甲東分団を3分団に改編、1本部28分団となる。
昭和50年4月1日西宮市消防団火災出動規程施行
昭和53年4月1日西宮市消防団水上分団を廃止し、1本部27分団となる。
昭和53年4月1日条例定数を改正、815名となる。
昭和56年4月1日西宮市消防団を改編し、1本部33分団となる。班制が分団に昇格。
昭和56年10月1日条例定数を改正、780名となる。
昭和60年4月1日分団名を改称。
昭和61年4月1日条例定数を改正、755名となる。
平成元年3月31日初代消防団長の中嶋三藏氏退任。
平成元年4月1日二代目消防団長に木嶋 巖氏就任。
平成元年4月30日名誉消防団長に中嶋三藏氏就任。
平成2年10月1日甲種制服貸与。
平成5年3月31日

法被等貸与規程改正により法被廃止。消防団ポンプ自動車38台を、

CD-1型、ポンプ性能A2級を配備完了。

平成8年4月1日

消防団事務が市民局から消防局に移管され、総務課に消防団係が設置される。

消防団伝達システム及び送受信可能な無線機運用開始。

平成10年9月11日

4ヵ年計画の防災資機材を33分団に設置完了。(エンジンカッター、チェンソー、発電機等、9品目)

平成11年4月20日
二代目消防団長の木嶋 巖氏退任。
平成11年4月21日
三代目消防団長に松本光央氏就任。
平成11年4月30日
名誉消防団長に木嶋 巖氏就任。
平成13年3月31日
三代目消防団長の松本光央氏退任。
平成13年4月1日四代目消防団長に中山芳夫氏就任。
平成17年3月31日四代目消防団長の中山芳夫氏退任。
平成17年4月1日五代目消防団長に吉田昭光氏就任。
平成20年6月1日西宮市機能別消防団員制度発足。
平成25年3月31日五代目消防団長の吉田昭光氏退任。
平成25年4月1日六代目消防団長に松本俊治氏就任。
平成25年11月1日名誉消防団長に吉田昭光氏就任。

組織

消防団長を中心に、市内を7地区に分け1本部33分団あります。

消防団長

 
  地区名分団名
副団長本庁南地区浜脇分団・用海分団・建石分団・今津分団・津門分団
副団長本庁北地区安井分団・大社分団・芦原分団・夙川分団・越木岩分団
副団長甲東地区段上分団・門戸分団・上ヶ原分団・下大市分団・神呪分団・上大市分団
副団長瓦木地区高木分団・瓦木分団・甲子園口分団・上甲子園分団
副団長鳴尾地区鳴尾中分団・鳴尾西分団・鳴尾北分団・小松分団・小曽根分団・鳴尾東分団
副団長山口地区名来分団・下山口分団・上山口分団・中野分団・船坂分団
副団長塩瀬地区生瀬分団・名塩分団

  

消防団の階級

消防団長の階級章副団長の階級章分団長のい階級章副分団長の階級章部長の階級章班長の階級章団員の階級章
消防団長副団長分団長副分団長部長班長団員

主な年間行事

 
 
内容
6月

新入団員研修・新幹部研修・機能別消防団員研修

9月健康診断
10月市民まつり警備
11月

西宮ハーフマラソン警備・秋の火災予防運動・西宮市まとい会総会

12月年末特別火災警戒
1月

西宮市消防出初式

西宮(戎)神社祭礼警備・門戸厄神祭礼警備

文化財防火デー消防訓練

3月

春の火災予防運動・消防操法大会

※以上の他、各分団によって、様々な行事が1年を通じ行われています。

入団

消防団条例により、団長が下記の資格を有する者のうちから、市長の承認を得て任命します。

入団資格

・ 西宮市に居住する、18歳以上55歳未満の者。
・ 志操堅固でかつ身体強健な者。

  ※ 欠格条項があり、入団できない場合があります。

 

 

 

 

西宮市消防団では、随時消防団員を募集しています。

ページのトップへ