景観・まちづくり

審議会情報

都市景観・屋外広告物審議会とは

更新日:
2017年5月17日
ID:
27009

印刷

都市景観・屋外広告物審議会とは

西宮市都市景観・屋外広告物審議会は、美しい都市景観を形成するために、西宮市都市景観条例及び西宮市屋外広告物条例に定める景観及び屋外広告物に関する重要事項などを調査審議する西宮市の附属機関です。
 都市景観とは、主に視覚的に感じる都市のイメージですが、都市景観を形作るのは建物などの建造物だけではなく、まちに対する愛着や価値観もまちなみに映し出されます。そのため、市民や事業者、行政の全ての人々が協力し合い、それぞれの役割と責任を理解してまちなみづくりに取り組めるよう、景観に関する重要な事項は学識経験者や市民で構成される都市景観・屋外広告物審議会で調査審議を行うこととしています。

※西宮市都市景観審議会と西宮市屋外広告物審議会は、さらに良好な景観行政の推進を図るため、平成26年2月1日付けで統合し、西宮市都市景観・屋外広告物審議会となりました。

審議会委員の構成

西宮市都市景観・屋外広告物審議会は、西宮市附属機関条例に基づき、次の計12名により構成されています。
  
委員の氏名所属団体等選出区分備考
赤澤 宏樹兵庫県立大学 自然・環境研究所学識経験者 
伊藤 志津子すみれ法律事務所学識経験者 
川﨑 雅史京都大学大学院工学研究科学識経験者 
喜村 謙一兵庫県屋外広告美術協同組合広告関係業界代表 
栗山 尚子神戸大学大学院助教学識経験者 
神農 悠聖大手前大学准教授学識経験者 
才本 謙二兵庫県建築士事務所協会学識経験者 
坂本 茂樹公募市民 
白井  治(株)まち空間研究所所長学識経験者 
田野 万治郎兵庫県県土整備部まちづくり局都市政策課景観形成室室長関係行政機関職員 
中野 正治公募市民 
安田 丑作一般社団法人神戸すまいづくり公社学識経験者 


ページのトップへ