医療費助成(福祉医療)

乳幼児等・こども医療

交通事故にあいました。受給者証を使用していいですか?

更新日:
2014年4月23日
ID:
24964

印刷

原則、受給者証は使用できません。

交通事故や傷害事件など、第三者から傷病を受けた場合や自損事故の場合に、医療機関で健康保険証を使用する場合には、ご加入の健康保険へ、福祉医療を併せて使用する場合は、市への届出が必要です。
交通事故(自転車も含む)にあったらすぐ警察に届けるとともに、必ずご加入の健康保険と市の福祉医療窓口に届け出てください。
 第三者の行為によって受けた傷病の治療に要する医療費は、原則として加害者が全額負担すべきものです。このため、被害者が健康保険と福祉医療を使用した場合、保険者と市は一時的に医療費を立替え、あとで加害者に立替えた医療費を請求します。

※注意
 市へ届け出をする前に、加害者から治療費を受け取ったり、示談をすませてしまうと、立替えた医療費を加害者に請求できなくなる場合がありますのでご注意ください。

手続きに必要なもの
 1.第三者行為による傷病届け(写し可)
 2.事故状況報告書(写し可)
 3.念書
 4.誓約書
 5.事故証明書(写し可)
 6.健康保険証
 7.医療費受給者証
 8.印鑑

ページのトップへ