環境・緑化・衛生

環境計画

西宮市生態系レッドデータブック

更新日:
2013年9月11日
ID:
23922

印刷

西宮市生態系レッドデータブックの作成について

 西宮市には、様々な生きものの暮らす自然環境が存在します。
 代表的なものとしては、以下のものがあります。
 ・シギやチドリの舞う甲子園浜、御前浜、香櫨園浜の干潟や海浜
 ・ホタルの飛び交う有馬川、船坂川、仁川などの中小河川
 ・市民に親しまれる甲山の樹林や仁川広河原の草原
 ・日本最小のトンボであるハッチョウトンボが舞う山腹の小規模な湿地
 ・棚田や里山が今でも残されている北部の農村環境
 ・広田山や岡田山などのように市街地に残された緑のオアシスのまち山

 これらの一つ一つに、それぞれ特有の生きもの同士のつながりと生きものと土地とのつながり=生態系が形成されています。
 本市では、今までに少なくとも約3,600種類の生きものが暮らしていることがわかっています。このような多様な生きものは、こうした多様な生態系の存在によって育まれています。

 こうした豊かな生態系を守り、健全な状態で次世代に引き継いでいかなければなりません。そこで、生態系の保全や再生などの取り組みの礎をなるように、市内で特に重要と考えられる生態系を選びました。また、各生態系について、自然性、希少性や環境学習のフィールドとしての利用といった面から、その重要性をランク評価しました。

 このレッドデータブックは、こうして選ばれた重要な生態系とその概要を紹介するものです。
 皆さまに自然環境への関心を寄せていただくことで、その保全の輪が広がります。ぜひご覧下さい。
ダウンロードdownload

関連ページrelated page

環境
生物多様性
平成27年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
平成28年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
生物多様性にしのみや戦略の推進
平成26年度「環境まちづくりフォーラム」を開催しました
環境学習サポートセンターミニミニ水族館の生き物
広田山公園~市民参画による生物多様性に配慮した公園づくり
平成25年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
平成24年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
平成23年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
環境計画
環境学習サポートセンター
生物多様性
生物多様性にしのみや戦略の推進
広田山公園~市民参画による生物多様性に配慮した公園づくり
平成25年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
平成24年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
平成23年度エココミュニティ会議交流会を開催しました
西宮市のグリーン購入
環境学習都市宣言(こども版行動憲章)
西宮市環境審議会
西宮市環境基本条例
生物多様性
生物多様性
ヒアリの国内初確認について
2015年度 EWC環境パネル展を開催しました!
「生物多様性保全上重要な里地里山」に西宮市から3箇所選定されました!
生物多様性にしのみや戦略の推進
事業者による生物多様性の取り組み(企業の森)について
甲山グリーンエリアにおける生物多様性保全へ向けた取り組み
広田山公園~市民参画による生物多様性に配慮した公園づくり
「ウォッチング!西宮の自然」調査結果 ランキングを見てみよう!
敷地内緑化の植栽に関する留意点
「保護地区」って何ですか。
仁川自然保護地区について
自然と共生するまちづくりに関する条例

ページのトップへ