水道・下水道

上下水道料金等

雨水タンク・浸透桝の設置に対して助成制度を実施しています!

更新日:
2016年6月16日
ID:
19140

印刷

雨水貯留施設と雨水浸透施設の設置イメージ
西宮市では、屋根などに降った雨を溜める雨水貯留施設( 雨水タンク )と地中に浸透させる雨水浸透施設( 浸透桝 )の設置に対する助成制度を、昨年度に引き続き平成28年度も実施しています。この助成制度は、側溝や下水道管に流れ込む雨水を少しでも減らして浸水被害の軽減を図るとともに、雨水を土に返して健全な水循環を構築することを目的としています。
平成28年度の申請の受付期間は、次のとおりです。

  受付期間 : 平成28年4月1日 ~ 平成29年1月31日まで
            (土日・祝日・年末年始等の閉庁日を除く)

ただし、受付順に審査を行い、申請総額が市の予算額に達した場合は、上記の期間より早く受付を終了します。なお、助成を受けるには購入・設置工事を行う前に申請をして頂く必要があります。

助成対象となる施設

助成対象となる雨水貯留施設と雨水浸透施設は、それぞれ次の表のとおりです。
施設の区分 助成対象となる施設
雨水貯留施設
(雨水タンク)

以下の設置条件を全て満たす施設が助成対象となります。ただし、申請1件につき1基が助成対象となります。
① 貯留槽の容量が100リットル以上のもの
② 貯留槽が市販のもの(ただし、他の設置条件を満たし、別途市が認めた場合は、この限りではありません)
③ 用途が散水目的のもの(ただし、災害等の非常時は、この限りではありません)
④ その他、 「 西宮市雨水貯留浸透施設設置技術基準 」 に示す設置条件に適合するもの
           雨水貯留施設の設置例
雨水浸透施設
(浸透桝)

以下の設置条件を全て満たす施設が助成対象となります。
① 浸透桝の口径が300ミリメートル以上のもの
② 市が指定する業者(排水設備指定業者)が設置工事を行うもの
③ その他、 「 西宮市雨水貯留浸透施設設置技術基準 」 に示す設置条件に適合するもの
      雨水浸透施設の設置例

助成対象となる方

助成対象となる方は、助成対象区域内(※1)において居住又は所有している住宅(※2)の敷地内に、雨水貯留施設(雨水タンク)又は雨水浸透施設(浸透桝)を設置される方です。ただし、以下の(1)~(5)のいずれか1つにでも該当される方は、助成対象となりませんので、ご注意下さい。

(1) 国、地方公共団体その他これらに準ずる団体
(2) 既に市の助成金を受けて雨水貯留施設(雨水タンク)を設置したことのある住宅に、雨水貯留施設(雨水タンク)を再度設置する方
(3) 既に市の助成金を受けて雨水浸透施設(浸透桝)を設置したことのある住宅に、雨水浸透施設(浸透桝)を再度設置する方
(4) 販売を目的とした住宅に、雨水貯留施設(雨水タンク)又は雨水浸透施設(浸透桝)を設置する方
(5) 本市の条例に規定する開発事業に伴い雨水貯留施設(雨水タンク)又は雨水浸透施設(浸透桝)を設置する方

※1 助成対象区域については、雨水貯留施設(雨水タンク)と雨水浸透施設(浸透桝)で異なっています。以下より、施設毎の助成対象区域図をダウンロードの上、ご確認下さい。なお、ダウンロードに多少時間がかかることがあります。

施設の区分 助成対象区域図のダウンロード
雨水貯留施設
(雨水タンク)
南部地域  ・  北部地域
雨水浸透施設
(浸透桝)
南部地域  ・  北部地域

※2 戸建住宅だけでなく、集合住宅に設置する場合も助成対象となります。ただし、集合住宅については、区分所有のない集合住宅の場合は建物所有者又は土地所有者、区分所有のある集合住宅の場合は管理組合に対して助成します。集合住宅の各戸に対しては助成しませんのでご注意下さい。

助成内容

雨水貯留施設と雨水浸透施設の助成内容は、それぞれ次の表のとおりです。
施設の区分 助成金額
雨水貯留施設
(雨水タンク)
購入費と工事費(※3)の合計額の2分の1(1,000円未満は切り捨て)。
ただし、申請1件当たりの助成限度額は30,000円となります。
雨水浸透施設
(浸透桝)
材料費と工事費(※4)の合計額の3分の2(1,000円未満は切り捨て)。
ただし、浸透桝1基当たり10,000円を限度とし、申請1件当たりの助成限度額は40,000円となります。

※3 雨水貯留施設(雨水タンク)の購入費と工事費には、貯留槽(タンク)以外に、集水継手、集水継手から貯留槽までの管、オーバーフロー用の吐口管、及び架台に掛かった費用が含まれます。
※4 雨水浸透施設(浸透桝)の材料費と工事費には、浸透桝の本体以外に、蓋、周囲に充填した砕石、敷砂、及び透水シートに掛かった費用が含まれます。

手続きの流れ

助成金の交付手続きは、以下の流れで行います。太字が、申請者で行って頂く内容です。

(1)設置予定場所の写真撮影
     ↓
(2)交付の申請
( 表-1 の書類を、上下水道局本庁舎2階の下水管理課の窓口に提出して下さい )
     ↓
(3)市から申請者に交付承認の通知
     ↓
(4)設置工事の実施
※雨水浸透施設(浸透桝)を設置する場合は、全ての浸透桝について工事中の写真を必ず撮影して下さい
     ↓
(5)工事完了後の施設の写真撮影
     ↓
(6)設置工事の完了報告
( 表-2 の書類を、上下水道局本庁舎2階の下水管理課の窓口に提出して下さい )
     ↓
(7)市による完了検査の実施
     ↓
(8)市から申請者に交付確定の通知
     ↓
(9)市から助成金の交付
表-1 申請時に提出して頂くもの
書   類 ダウンロード 備   考
① 助成金交付申請書(必須) 様式 ・ 記入例 印鑑には認印を使用して下さい。
② 位置図(必須) 見本 施設を設置する住宅の場所を示して下さい(手書きの略図でも、住宅地図のコピーでも可)。
③ 設置予定場所の写真(必須)
④ 施設の平面図(必須) 見本 敷地内の簡単な平面図に施設の設置予定場所を示して下さい(手書きの略図で可)。
⑤ 施設の構造図(必須) 見本(雨水タンク)
見本(浸透桝)
製品パンフレットのコピーでも、手書きの略図でも可。
⑥ 見積書(必須) コピーで可。
⑦ 誓約書(必須) 様式 ・ 記入例 印鑑には認印を使用して下さい。
⑧ 承諾書 様式 ・ 記入例 土地所有者又は建物所有者が申請者と異なる場合のみ必要となります。
表-2 完了報告時に提出して頂くもの
書   類 ダウンロード 備   考
① 完了報告書(必須) 様式 ・ 記入例 印鑑には認印を使用して下さい。
② 工事完了後の施設の写真(必須)  
③ 工事中の施設の写真 雨水浸透施設(浸透桝)の場合のみ必要となります。
④ 工事出来高書(必須) 設置費用の内訳が分かるものを提出して下さい。なお、必ず原本を提出して下さい。
⑤ 領収書(必須) 必ず原本を提出して下さい。
⑥ 助成金交付請求書(必須) 様式 ・ 記入例 口座名義人は、必ず申請者と同一にして下さい。

手続き上の注意事項

必ず購入・設置工事の前に申請を行い、市から交付承認を受けて下さい。申請前に設置工事を行った場合は、助成対象となりませんので、ご注意下さい。
提出書類を記入する際は、記入例を参考として下さい。
当初の申請内容より変更が生じた場合、及び申請を取り下げる場合は、必ず西宮市上下水道局下水管理課(電話番号:0798-32-2262)までご連絡下さい。申請を取り下げる場合は、取下届( 様式記入例 )を提出して頂く必要があります。
完了報告は、設置工事の完了後30日以内で、かつ申請年度の2月末日までに必ず行って下さい。
市が完了検査を行う際に、現地を確認させて頂くことがありますので、ご了承下さい。
交付確定の通知から実際に助成金を交付するまで、20日程度かかりますので、ご了承下さい。

助成を受けられた方への注意事項

助成を受けて設置した施設は、必ず7年以上存続させて下さい。なお、助成金の交付後、必要に応じて市の職員が施設の設置状況を現地で確認させて頂くことがありますので、ご了承下さい。
助成を受けて設置した施設については、 「 西宮市雨水貯留浸透施設設置技術基準 」 を参考に、適切な維持管理に努めて下さい。特に、大雨が予測される場合は、事前に、雨水貯留施設(雨水タンク)については溜まった雨水を排水し、雨水浸透施設(浸透桝)については目詰まり等がないか点検するよう、心がけて下さい。
助成を受けて設置した施設が原因で、助成を受けられた方又は第三者に事故・問題等が生じても、市はいかなる責も負いません。
助成を受けて設置した施設を、転居等に伴い第三者に譲渡する場合は、その譲渡を受ける方に上記の旨を必ず承継して下さい。

施設の役割と利用方法

この助成制度は、浸水被害を軽減することを目的に行っています。
この制度で設置した雨水タンクや浸透桝は、浸水被害の軽減という
目的以外にも、従来の水の循環に近づける地中に雨水を戻すための
環境施設としての役割も持ちます。水やりスイスイ君
さらに、雨水タンクについては溜まった雨水を花壇の水やりや
打水に利用することで、雨水の再利用というエコ活動にもつながります。

以上のように、この制度で設置した施設にはいくつかの役割が
ありますが、これらの施設が適切に維持管理されていないと
設置した施設の効果が発揮できないことになります。
そのため、浸透桝や雨どいに落葉やゴミがつまっていないか定期的に
確認・清掃をして頂き、雨が予想される前には雨水タンクを空にする
など、設置した施設の管理をお願いします。

兵庫県では、雨水貯留施設を積極的に導入しており、下記リンクに
雨水タンクの利用例が掲載されていますので、ご確認ください。

よくあるご質問

よくあるご質問については、下記のリンク先をご覧下さい。

ページのトップへ