健康(保健所情報)

予防接種

日本脳炎定期予防接種における期間の緩和措置について

更新日:
2016年11月25日
ID:
18185

印刷

 平成17年度から21年度まで日本脳炎定期予防接種の勧奨を控えていた時期がありました。この影響を受けた方々に対し、対象年齢期間の緩和措置が実施されています。
 現在の基本的な接種スケジュールは次のとおりですが、以下の出生期間に該当する方については対象年齢期間の緩和措置対象となる場合があります。接種回数が定期接種の規定回数に達していない場合は接種をご検討ください。

※対象年齢外で接種する場合は、任意接種となり全額自己負担となります。ご注意ください。

【現在の基本的な接種スケジュール】
<1期>

対象年齢生後6月から生後90月に至るまで
接種間隔及び回数初回:6日以上の間隔をおいて2回
追加:1期初回終了後、6月以上の間隔をおいて1回


<2期>

対象年齢9歳以上13歳未満
接種回数1回


【実施場所】市内委託医療機関
【接種時の持参物】・母子健康手帳
           ・予防接種番号シール
         ・健康保険証など住所、氏名、生年月日が確認できるもの

平成7年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれた方

<1期>

対象年齢20歳未満
接種間隔及び回数初回:6日以上の間隔をおいて2回
追加:1期初回終了後6月以上の間隔をおいて1回(※)

※ただし、平成23年5月20日までに日本脳炎定期予防接種を1回でも受けている場合は、6日以上の間隔で接種可能

<2期>

対象年齢9歳以上20歳未満
接種回数1回(※)

※1期追加終了後は6日以上の間隔をおくこと。

平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれた方

<1期>

対象年齢①生後6月から生後90月に至るまで
②9歳以上13歳未満(①の機会に3回接種できなかった場合)
接種間隔及び回数初回:6日以上の間隔をおいて2回
追加:1期初回終了後、6月以上の間隔をおいて1回(※)

※ただし、平成22年3月31日までに日本脳炎定期予防接種を1回でも受けている場合は、6日以上の間隔で接種可能

<2期>

対象年齢9歳以上13歳未満
接種回数1回(※)

※1期追加終了後は6日以上の間隔をおくこと。

ページのトップへ