安心・安全

野生動物対策

アライグマにご注意ください

更新日:
2017年3月18日
ID:
16818

印刷

アライグマについて

アライグマは、北米原産でペットなどとして輸入、飼育されていましたが、飼いきれなくなり途中で捨てられたり、逃げ出したりしたものが野生化し、分布を拡大しています。

※アライグマは許可なく飼うことも、放すことも、生きたまま移動させることも、法律(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)で禁止されています。

 市内でも、農作物が荒らされたり、家屋への侵入などによりアライグマの被害が発生しています。

 アライグマは一見可愛らしい動物ですが、本来野生動物であるため凶暴です。むやみに近づいたり、餌を与えたりしないようにしましょう。

アライグマ用捕獲箱の貸し出しを行っています

西宮市では、アライグマやヌートリアにより被害を受けられている方に、下記の貸出条件をご了承いただいたうえで捕獲箱を貸し出しています。

○貸出期間は原則1ヶ月です。

○現地において、市職員又は兵庫県猟友会会員が実施する、適切な捕獲と安全に関する知識及び技術についての講習を受講してください。

○捕獲箱は個人の敷地内等、第三者が自由に立ち入ることのできない場所に設置してください。

○自己の責任で、捕獲箱の管理、餌の入れ替えを行ってください。

○アライグマ及びヌートリア以外の動物を捕獲した場合は速やかに放獣してください。

○アライグマ及びヌートリアが捕獲された場合は、農政課に連絡してください。こちらから回収日(土曜、日曜、祝日及び夜間は除きます)を連絡させていただきます。それまでは、捕獲箱を借用された方で保管をお願いします。なお、捕獲したアライグマやヌートリアを許可なく移動することは法律で禁止されていますのでご注意願います。

○子どもが手を触れたりして、ケガをすることがないようにご配慮ください。




ダウンロードdownload

ページのトップへ