防災

家庭の対策(自助)

津波避難ビル

更新日:
2018年2月7日
ID:
16734

印刷

自宅周辺の津波避難ビルを知っておこう!

指定状況について

平成30年2月現在、市内に250施設、406棟が津波避難ビルとして指定されています。 

津波避難ビル・避難所検索は、こちら

津波避難ビルの全体分布図は、こちら

津波避難ビルの一覧は、こちら

指定解除について

次の施設が津波避難ビル指定解除となりましたのでお知らせします。

●ヌーベル甲子園
 所在地 :西宮市甲子園六番町2番8号 
 整理番号:N08
 解除理由:一時避難施設として使用するための体制がとれないため
 
解除日 :平成30年2月1日

使用制限について

次の施設が改築工事により、期間中は津波避難ビルとして使用できません。

●香櫨園小学校
 所在地 :西宮市中浜町3番32号 
 整理番号:B04
 工事期間:平成30年1月~平成31年7月末日

 

概要

◇津波避難ビルとは?津波避難ビル標示看板

津波発生時などの際、地域住民等が一時もしくは緊急避難する施設のことです。

また、津波避難ビルには右図のような看板が設置されています。

 

 


◇津波避難ビルの対象となる施設

  • 概ね鳴尾御影線以南の地域にある3階建て以上の堅固な建物(RC造かSRC造で新耐震基準のもの)
  • 公共施設の指定はもちろん、商業施設や民間マンションなどに順次協力を求めて、「津波避難ビル」として指定する協定を結んでいます。

◇津波避難ビルはどんなときに使えるの?

兵庫県瀬戸内海沿岸に『津波警報』又は『大津波警報』が発表された場合です。
※原則、『津波注意報』では使用できません。
また、武庫川による洪水が発生する恐れのある場合(避難勧告を発令時)でも使用できます。


◇夜間の場合でも使えるの?

【市の管理施設】
施設によっては、夜間・休日は無人のところもあり、迅速に入口を解放できないことも考えられます。その場合は、非常手段として、入口を壊してでも施設に避難していただいて構いません。

【その他の施設(民間施設等)】
原則、夜間に津波が発生した場合でも活用していただけますが、入口が閉鎖されている場合は、施設の指示事項に従ってください。

●オートロックの施設については

  • 1階の居住者がオートロックを解除してから3階以上へ避難する
  • 近くに住む所有者や管理会社が鍵を開ける

など、それぞれの施設によって取り決めをお願いしています。


津波避難ビルを活用する上での注意点

  • 避難スペースが満杯になる場合が考えられますので、普段からいくつかの津波避難ビルを把握しておいてください。
  • 一時的な避難場所なので、津波の恐れがなくなったら(警報が解除されたら)速やかに退去し、指定避難所等に移動してください。
  • 故意に施設の器物等を破損した場合は、避難者の責任となり賠償費用を請求させていただくことになりますので十分ご注意願います。
  • 民間施設は、大災害発生時に施設側の善意により開放いただくものです。開放時以外は入ることが出来ません。

商業施設・マンション等の管理者様へ

 東日本大震災では、大きな津波により、多くの方の尊い命が失われました。
 西宮市にも、南海トラフを震源とする地震が起こったときには、大きな津波が押し寄せてくることが予想されます。
 津波から命を守るためには、「より早く」「より遠く」「より高く」避難するしかありません。しかし、どうしても遠くまで避難できない方が、少しでも安全な場所に避難するためには、近くの堅固で高い建物、いわゆる「津波避難ビル」が必要となります。
 商業施設・マンション等を管理されている皆様には、津波避難ビルの指定についてご協力いただきますようお願いします。
ダウンロードdownload

ページのトップへ