生涯学習

西宮湯川記念事業

西宮湯川記念科学セミナー

更新日:
2017年1月25日
ID:
15063

印刷

セミナーの概要

西宮湯川記念事業は、日本人初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士が、苦楽園に居住されていた時期に中間子論を構想されたことにちなみ、若手研究者の物理学研究を奨励し、市民の皆さんに科学への親しみと興味を持ってもらうことを目的として実施しているものです。昭和61年度から理論物理学研究者による「西宮湯川記念事業運営委員会」を組織し、関係各位の協力を得ながら様々な事業を行っています。
 この一環として開催している「西宮湯川記念科学セミナー」は、基礎科学に対する正しい認識や学生・生徒の科学する心を育てるため、最新の科学を専門家にわかりやすく解説していただく講座で、11月~12月頃に実施しています。
ダウンロードdownload

ページのトップへ