西宮市消防局

火災予防

消火器の悪質訪問販売にご注意を!!

更新日:
2010年9月23日
ID:
13844

印刷

 昨年9月に大阪市で発生した消火器事故以降、古くなった消火器などを廃棄したいという問い合わせが消防局にも多く寄せられています。
 そういった状況を利用し、悪質な消火器の訪問販売被害発生のおそれがありますので、ご注意下さい。

 最近、西宮市内において、「消防署から言われて、古い消火器を引き取りに来ました。」と言って、2人組の男性が訪問してきたという報告がありました。

 ※消防局では、業者に古い消火器の引取りを依頼していません。
 ※消防署が、古い消火器などを引き取りに伺いません。
 ※消防署は消火器を販売していません。


 少しでも変だなと感じたら、応対せず、きっぱり断るなどして、悪質訪問販売被害に遭わないようにしてください。


・不審な訪問販売があった場合は…
  西宮市消防局予防課    0798-32-7313
  西宮市消費生活センター  0798-64-0999
  (9:00~16:45)
・悪質訪問販売被害に遭われたら…
  西宮警察署        0798-33-0110
  甲子園警察署       0798-41-0110

被害防止のためのアドバイス

・一般のご家庭には消防法による消火器の設置義務はありません。
 (しかし、万が一の火災に備えて消火器を設置することが望ましい。)


・一般のご家庭に設置している消火器に点検義務はありません。
 (消火器事故防止のために、半年に1回は外観点検をしましょう。)

・消防署から職員が、消火器などの販売に伺うことはありません。

・消防署が、業者に点検や販売を依頼することはありません。

古い消火器などの廃棄について

1.一般の不燃ゴミ又は資源ゴミとして廃棄できません。
  消火器を購入した店、消火器メーカー、消防設備取扱業者などに連絡して廃棄処分を依頼しましょう。
2.耐用年数(8年)を超えた消火器や、キズやサビのある消火器は、使用したり分解したりしないでください。
3.廃棄する消火器を、屋外に放置しないで下さい。(大阪市での事故と同様な事故の発生防止のため。)


【キズやサビのある消火器の例】
腐食した消火器の写真

ページのトップへ