西宮市消防局

火災予防

住宅用火災警報器について教えてください。

更新日:
2014年3月19日
ID:
12524

印刷

平成18年6月1日より住宅に設置が義務付けられます。

建物火災による死者の9割が住宅火災によるもので、そのうち6割の方が逃げ遅れによるものです。
このことから住宅用の火災警報器の設置が義務付けられるようになりました。
平成18年6月1日から新築の住宅に設置が義務付けられ、すでに建築されている既存の住宅は平成23年5月31日までに取付ける必要があります。
設置場所は、寝室として使用する部屋・台所・避難経路となる階段部分となっていますがすべての部屋に設置すればさらに安心です。
住宅用火災警報器は日本消防検定協会鑑定のNS「エヌエスマーク」がついているものを選びましょう。
住宅用火災警報器は、西宮市民共済生活協同組合・防災設備取扱店・ホームセンターなどで購入することが出来ます。
住宅用火災警報器を消防署が直接訪問販売することはありません。悪質な訪問販売には十分お気をつけて下さい。詳しくは、下記消防局ホームページ又は消防局予防課まで

ページのトップへ