障害のある人の福祉

各種相談窓口

移動支援を利用するためにはどのような手続きが必要ですか。

更新日:
2016年1月29日
ID:
11834

印刷

回答

【制度概要】
屋外で移動が困難な障害者等に対して、社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等、社会参加を行う外出のための支援を行います。但し、通勤、営業活動等の経済活動に係る外出、通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出を除き、原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限ります。

【対象者】
1.身体障害者手帳をお持ちの方は、屋外での移動に著しい制限がある肢体不自由の程度が身体障害者手帳1級に該当するものであって、両上肢及び両下肢の機能障害を有する者又はこれに準ずる者。


2.療育手帳をお持ちの方

3.精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

4.指定の難病患者等 屋外での移動時に車椅子が必要で、自走できないことが医師の意見書により明らかな者

※対象者に該当するかは別途お問い合わせください。

【手続方法】
1.市に利用希望の申請をします。
  
2.市の調査員が面談調査を行い、申請に必要な書類をご案内します。

3.「移動支援事業受給者証」を交付します。受給者証には、支給決定期間、支給量、利用者負担上限月額等を記載してあります。

4.「移動支援事業受給者証」をもって、指定事業者の中から選択して利用契約をすることにより、サービスを利用することになります。

【費用負担】
原則1割負担です。

【窓口】
福祉事務所 生活支援課(TEL35-3157・3130・3923・3096)

ページのトップへ