障害のある人の福祉

各種相談窓口

有料道路通行料金の割引を受けるためにはどのような手続きが必要ですか。

更新日:
2016年12月9日
ID:
11652

印刷

回答

【制度概要】
身体障害者が自ら運転する場合、及び重度の身体障害者又は知的障害者が乗車し、その移動のために介護者が運転する場合は、全国の有料道路の一般料金が5割引となります。

【対象者】
第1種身体障害者本人または介護者が運転する場合
第1種知的障害者本人または介護者が運転する場合
第2種身体障害者本人が運転する場合のみ

【自動車の範囲】
身体障害者及び知的障害者、又は同居の親族等が所有する乗用自動車(普通・小型・軽自動車で乗車定員10人以下)、貨物自動車(ライトバン等)、特殊用途自動車(身体障害者輸送車)等。ただし、第1種の手帳を持っている人で、身体障害者等が自動車を所有していない場合は、日常的に介護している人の所有する自動車。
※ レンタカー、軽トラック、法人名義の自動車及び営業用の自動車は除く。

【必要書類】
以下の書類をお持ちになって、障害福祉課で証明を受けてください。
  
 ETCを利用しない場合ETCを利用する場合
第1種(1)障害者手帳(原本)
(2)車検証(原本)
(1)障害者手帳(原本)
(2)車検証(原本)
(3)ETCカード(障害者本人名義)
(4)車載器の管理番号が確認できるもの
  (ETC車載器セットアップ申込書等)
第2種(1)障害者手帳(原本)
(2)車検証(原本)
(3)運転免許証(原本)
(1)障害者手帳(原本)
(2)車検証(原本)
(3)運転免許証(原本)
(4)ETCカード(障害者本人名義)
(5)車載器の管理番号が確認できるもの
  (ETC車載器セットアップ申込書等)

※2年に1度、更新手続きが必要です。(上記書類の再度提出が必要。)
※障害者が20歳未満のときに限り、保護者名義のETCカード可。
 
【窓口】
福祉事務所 障害福祉課 (TEL35-3757)

【利用方法】
手帳を提示しての現金支払方式、又はETCノンストップ走行による支払方式

ページのトップへ