西宮市消防局

各種講習会・届出・申請

救命処置の必要性と手順について教えてください。

更新日:
2017年9月15日
ID:
11615

印刷

心肺蘇生法とAEDを使用した救命処置の必要性と手順は、次のとおりです。

 突然心臓や呼吸が止まった人の命が助かる可能性は、10分間で急激に少なくなるといわれています。心肺蘇生法とは、この止まってしまった心臓や呼吸の動きを助ける方法です。
 また、突然心臓が止まるのは、心臓がブルブルとけいれんする「心室細動」が原因となることが多く、この場合には出来るだけ早くAEDによる電気ショックをあたえ、心臓の動きを回復させることが有効です。
 心肺蘇生法、AEDともに、心臓が止まってから実施するまでの時間が、早ければ早いほど、救命の可能性が高くなることが知られています。
 もちろん、救急隊も心肺蘇生法やAEDを実施しますが、そばにいあわせた人が早い段階で処置をすればするほど、その人の救命の可能性は高くなるのです。

 以下、その手順を説明します。

・目の前で人が倒れた、倒れている人を見つけた。(反応・呼吸ともにない場合)

 1 反応を確認する(呼びかけや、肩をたたいて動きがあるか・ないか)
 2 助けを呼ぶ(119番通報とAEDの手配)
 3 呼吸の確認
 4 胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の繰り返し(人工呼吸は省略可能)
 5 AEDの到着
 6 心電図の解析
 7 AEDの音声指示により電気ショックを実施
   (患者の状態により指示がない場合あり)
 8 胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の繰り返し(人工呼吸は省略可能)
    以下、AEDの音声指示に従いながら、救急隊に引き継ぐまで続けます。

    AEDがない場合は、手順4を救急隊に引き継ぐまで続けます。

 いざというとき処置ができるように、救急講習の受講をお勧めします。
 救急講習会については、下記のリンクから救急講習会のページをご覧下さい。 

ダウンロードdownload

ページのトップへ