健康(保健所情報)

妊産婦

平成28年度 妊婦健康診査費用助成について

更新日:
2016年5月1日
ID:
10468

印刷

1.定期的に妊婦健康診査を受けましょう

妊娠をしたら、妊婦とおなかの赤ちゃんの健康を守るために、定期的な健康診査を受けることの重要性が厚生労働省より示されています。

 西宮市では、定期的な妊婦健康診査の受診を勧めるために受診助成券による費用助成を行っております。
医療機関で妊娠の診断を受けたら妊娠届と併せて受診助成券の申請をしてください。

 妊婦が受けるべき望ましい標準的な健康診査は以下の通りです
妊娠週数 望ましい受診頻度 受診助成券使用枚数
妊娠初期から妊娠23週まで 4週間に1回程度 4枚
妊娠24週から妊娠35週まで 2週間に1回程度 6枚
妊娠36週以降分娩まで 1週間に1回程度 4枚
  14枚




2.助成内容について

【対象者】  西宮市に住民登録がある妊婦の方

 

【助成回数】  14回(1度の妊娠につき14回の助成です。双子等の多胎は1度の妊娠として扱います。)

 

【助成額】    合計助成額 82,000円

     (内訳) ● 高額券2枚 ・・・・・・・・・・上限11,000円/回(消費税含む)

            ●高額券以外の 通常券12枚 ・・・・上限5,000円/回(消費税含む)
 


【対象期間】  西宮市民となった日から出産日までで、西宮市に住民登録のある期間



【対象健診・検査項目】 下記のリンク先をクリックしてご覧ください。
                 [助成対象の健診・検査項目]


3.申請と交付について

助成を希望する方は、申請が必要です。(出産後の申請はできません。)
医療機関で妊娠の診断を受けたら申請してください。

 

 【受付窓口】

受付窓口 受付時間 受診助成券
保健福祉センター                    (中央・鳴尾・北口・塩瀬・山口) 9:00~17:30 (平日の月~金曜) 即日交付
市役所本庁舎1階 10番窓口 9:00~17:30 (平日の月~金曜) 即日交付
支所(瓦木・甲東)                    ※鳴尾・山口・塩瀬は保健福祉センターで対応 9:00~17:30 (平日の月~金曜) 即日交付
市民サービスセンター(夙川・上甲子園) 9:00~12:00、13:00~17:30(平日の月~金曜) 即日交付
アクタ西宮ステーション 17:30~19:30 (平日の月~金曜) 9:00~19:00 (土・日・祝) 後日郵送【注1】
分室(越木岩・西宮浜のみ) 9:30~12:00、13:00~16:00(平日の月~金曜) 後日郵送【注1】


【注1】受付日から1週間程度で郵送します。届かない場合は中央保健福祉センターまでお問い合わせください。

 各申請場所の詳細は下記をクリックしてご覧ください。
     [ 中央保健福祉センター ]
     [ 鳴尾保健福祉センター ]
     [ 北口保健福祉センター ]
     [ 塩瀬保健福祉センター ]
     [ 山口保健福祉センター ]
     [ 市役所本庁舎 ]
     [ 各支所・各サービスセンター ・分室]

【持ち物】   妊婦ご自身の印鑑(認印) (診断書は不要です)

【交付物】  申請受付時に 「西宮市妊婦健康診査受診助成券」14枚
      
「西宮市妊婦歯科検診受診券」1枚 、計15枚を交付します。【注2】

【注2】
分室またはアクタ西宮ステーションで申請された方は、申請受付時に受診助成券は交付されません。
申請受付日から1週間程で受診助成券を郵送します。受診日が近い方はできるだけ各保健福祉センター・市役所本庁舎1階(10番窓口)・各支所(鳴尾・山口・塩瀬は保健福祉センターで対応)・各サービスセンターにて申請してください。
転入される方へ
転入日に妊娠30週を超えられている場合、妊婦健康診査受診助成券9枚、妊婦歯科検診受診券1枚、計10枚の交付となります。

 


【妊婦歯科検診】  妊婦歯科検診の詳細については下記に記載していますので、クリックしてご覧ください。
                 [妊婦歯科検診]

【申請書の記入例】

 記入例については、下記の添付ファイル「平成28年度妊婦健診・妊婦歯科検診申請書記入例」をご覧ください。
 申請書については、下記の「平成28年度西宮市妊婦健康診査費用助成券・妊婦歯科検診受診券申請書」を印刷してご利用できます。
 (妊娠届については、下記の「平成28年度妊娠届出票兼妊娠連絡票」を印刷してご利用できます。なお、申請書・妊婦届は受付窓口にもございます。)

ダウンロードdownload

4.受診助成券の使用方法

受診する医療機関が西宮市の契約医療機関かどうかによって、使い方が変わります。


   1.西宮市の契約医療機関    受診助成券利用 (西宮市の契約医療機関で受診する場合)

   2.契約医療機関外        償還払い (契約医療機関以外で受診する場合) 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

    ●申請日以前に受けた妊婦健診  ⇒ 償還払い等にて費用助成を行います。
     

※ ご注意
●契約医療機関かどうかは下記の「平成28年度 西宮市妊婦健康診査事業 契約医療機関一覧表」に載せています。市外にも契約医療機関はありますので、ご注意ください。

●海外の医療機関では使用できません。日本国内の医療機関で受診した妊婦健診のみが助成対象となります。

ダウンロードdownload

5.西宮市の契約医療機関で受診する場合

【使用方法】  契約医療機関に受診助成券を提出してください。
            (ただし、妊婦健康診査1回につき受診助成券は1枚限り)



6.契約医療機関以外で受診する場合(償還払い)

市と契約していない医療機関で妊婦健診を受診した方に、助成(償還払い)する制度です。

【使用方法】  医療機関の窓口で受診助成券の健診内容等への記入依頼をした後、
                      一旦妊婦健診費用をお支払いください。

【受付窓口】  保健福祉センター・市役所本庁舎1階10番窓口のみ

                  (詳細は≪問合せ先・償還払い申請先≫参照)

受付窓口 受付時間

・保健福祉センター(中央・鳴尾・北口・塩瀬・山口)

・市役所本庁舎1階 10番窓口

9:00~17:30 (平日の月~金曜)



【持ち物】  下記の < 償還払いに必要な書類 > をご持参ください。

  請求は原則1回のみ(確定申告で領収書の原本を提出する方のみ2回可能)です。その都度ではなく、まとめてご請求ください。申請後、2か月程でご指定の口座に振り込みます。振込み通知は致しませんので、通帳のご記帳等でご確認ください。
 
 請求期限は出産後6か月以内です。6か月を過ぎますと手続きできかねますのでご注意ください。やむを得ず6か月を過ぎた場合は、地域保健課(0798-35-3302)までご連絡ください。


<償還払いに必要な書類>                                                     
受診助成券 (お手元にある券すべて)

  表面の実施報告書(1.健診請求内容、2.健診総合結果、医療機関名等)を医療機関に記入してもらう必要があります。ご記入がない場合、健診・検査内容が書かれた明細書等をご持参ください。
  健診内容の確認が取れない際は、お支払できない場合がございます。

  受診助成券の記入例については、下記をクリックしてご覧ください。
  [受診助成券の記入例(11,000円券)] 「受診助成券の記入例(通常券)」


●領収書の原本 (妊婦健康診査費用とわかるもの)

  必ず原本をお持ちください。コピーやレシートでは請求できません。医療費控除や高額療養費等で領収書の原本が必要な方は、原本と共にコピーもご提出ください。
ただし、返却できる領収書は以下のいずれかです。
  ・ 健康保険が適用されている金額が入っているもの
  ・ 助成対象外の受診費用が入っているもの
  ・ 健康保険適用外の金額が原則5,000円(消費税含む)を超えているもの

 ※ 確定申告を予定されている場合は、先に償還払い請求を受けた後、申告してください。
   医療費控除や高額療養費等で領収書の原本を提出し、お手元に領収書の原本がない場合は、その領収書分の償還払い請求ができなくなります。
  

●母子健康手帳

  健診記録をご確認させていただきます。受診時には必ず医療機関に提出してください。

●印鑑 (妊産婦ご自身のもの)


●振込口座のわかるもの (通帳・キャッシュカードのコピー)

  振込口座は原則、妊産婦本人のものに限ります。別の口座に振り込み希望の場合は、委任状への記入・押印が必要です。

 

 ※書式は下記よりダウンロード可能です。(なお、各保健福祉センター受付窓口にも置いてあります)

 

ダウンロードdownload

7.よくあるご質問(Q&A)

下記に記載していますので、クリックしてご覧ください。
 [よくあるご質問(Q&A)]


ご注意

●受診助成券を利用する時点で、西宮市外へ転出されている方は使用できません。
 転出される方は転出先の自治体へお問い合わせください。
 市外転出や流早産により使用しなかった受診助成券は地域保健課まで返還してください。
 また、妊婦健診費用の償還払いが必要な方は手続きを行ってください。

●西宮市の子宮頸がん検診対象者は医師にお知らせください。
・平成28年度(2016年4月1日~2017年3月31日)に偶数歳になる方
・無料クーポン券の対象となる方〔クーポンは6月頃送付予定〕
詳細は地域保健課までお問い合わせ下さい。



≪問合せ先・償還払い申請先≫  西宮市地域保健課 妊婦健康診査担当

●中央保健福祉センター
 〒662-0913 西宮市染殿町8-3(西宮健康開発センター内)
 TEL(0798)35-3302

●鳴尾保健福祉センター
 〒663-8184 西宮市鳴尾町3丁目5番14号(鳴尾支所2階)
 TEL(0798)42-6630

●北口保健福祉センター
 〒663-8035 西宮市北口町1-1(アクタ西宮西館5階)
 TEL(0798)64-5097

●塩瀬保健福祉センター
 〒669-1134 西宮市名塩新町1(塩瀬センター1階)
 TEL(0797)61-1766

●山口保健福祉センター
 〒651-1412 西宮市山口町下山口4丁目1-8(山口センター2階)
 TEL(078)904-3160

ページのトップへ