健康(保健所情報)

感染症(結核など)

西宮市結核予防費補助金交付について

更新日:
2017年7月5日
ID:
9178

印刷

 結核患者の早期発見と患者発生防止を図るため、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第53条の2第1項の規定に基づき、結核の定期健康診断を実施する西宮市内の学校及び施設(国・県・市の設置する学校または施設を除く)の設置者に対し、同法第60条の規定に基づき補助金を交付することにより設置者の負担を軽減し、定期健康診断の実施を促進することを目的としています。

補助対象及び補助額について

(1)学校(国・県・市の設置する学校を除く)
 1年以上修業する高校、短大、大学、高等専門学校、専修学校、各種学校で、入学年度に1回実施する結核定期健康診断の費用に対して、その費用と厚生労働省が定める基準額とを比較し、少ない方の額の3分の2を補助

(2)施設(国・県・市の設置する施設を除く)
 ・生活保護法に規定する「生活保護施設」
 ・老人福祉法に規定する「養護老人ホーム」「特別養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」
 ・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に規定する「障害者支援施設」
 ・売春防止法に規定する「婦人保護施設」
以上の施設に入所する65歳以上の方に対して実施する毎年1回の結核定期健康診断の費用に対して、その費用と厚生労働省が定める基準額とを比較し、少ない方の額の3分の2を補助

申請者について

上記の(1)の学校または(2)の施設の設置者

申請書類等について

「西宮市結核予防費補助金交付要綱」及び「交付申請書様式」等は、西宮市保健所保健予防課感染症予防チーム窓口にてお渡ししています。

申請書の提出期限について

当該年度9月30日までに西宮市保健所保健予防課まで提出してください。

結核に係る定期健康診断の報告義務について

感染症法に基づき学校及び施設で結核の定期健康診断を実施した場合は、西宮市保健所に報告する義務があります。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

ページのトップへ