健康(保健所情報)

こども

自立支援医療(育成医療)

更新日:
2017年7月1日
ID:
8136

印刷

手術等によって確実な治療効果の期待できる身体に障害のある18歳未満の児童に対して、医療費の公費援助を行っております。(ただし、市民税を一定以上納付の世帯は対象とならない場合があります。申請の前にかならず申請チェック表をご確認ください。)

※治療終了後の申請はできません。
※申請は治療開始前に行ってください。やむをえず、治療開始後に申請される場合は、意見書の診療見込期間初日(治療開始日)から数えて16日以内に提出してください。

【対象となる障害】
 手足や身体の不自由、目・耳の障害、腎臓障害、心臓障害、言語・そしゃくの障害、膀胱・直腸及び小腸障害、肝臓障害、その他の内臓障害(先天性)、ヒト免疫不全ウイルスによる障害

【医療の給付】
 医療費の自己負担割合が原則1割負担になります。さらに、世帯の市民税課税状況に応じて月額の自己負担上限額が設定されます。

【申請書類】

 平成28年1月から個人番号(マイナンバー)制度が開始され、申請時に個人番号の確認及び身元確認を行います。詳細については「個人番号(マイナンバー)の確認について」(PDF)をご覧いただき、申請時に個人番号に関する必要書類をご提示ください。

 申請の際は、申請チェック表をご確認ください。
      (申請チェック表と(1)~(3)はダウンロードできます。)

 (1)自立支援医療(育成医療)支給認定申請書
 (2)自立支援医療(育成医療)意見書
 (3)世帯調書
 (4)受診者本人の健康保険証の写し
 (5)市民税課税証明書(必要な方のみ、申請チェック表参照)
 (6)特定疾病療養受領証の写し(必要な方のみ、申請チェック表参照)
 (7)高額療養費の支給を証明する書類(必要な方のみ、申請チェック表参照)

【受付窓口】
 ・西宮市保健所
 ・中央保健福祉センター
 ・北口保健福祉センター
 ・鳴尾保健福祉センター
 ・山口保健福祉センター
 ・塩瀬保健福祉センター

ダウンロードdownload

ページのトップへ