介護保険

介護保険サービス事業者情報

地域密着型サービス事業者の指定更新について

更新日:
2017年4月23日
ID:
7549

印刷

指定更新制度

(1)平成18年4月施行の改正介護保険法で、指定基準等を遵守し適切な介護サービスを提供することができるかを定期的にチェックする仕組みとして事業者の指定に有効期間(6年)が設けられました。事業者は6年ごとに指定の更新を受けることとなります。
(2)平成14年3月31日以前に指定を受けた事業者の指定有効期間に関して経過措置が設けられています。(平成12年4月1日以前にすでに指定を受けた事業者については、平成12年4月1日より指定を受けたとみなされます。)
(3)指定が更新されたときは、指定更新年月日から起算して6年間が有効期間となります。
(4)過去に取消し処分を受けた事業者については指定更新を受けることができません。また、人員、設備及び運営に関する基準に違反している事業者についても指定の更新を受けることはできません。

指定更新の基本的な流れ

(1)指定更新対象事業所には、届け出されている事業所所在地あてに通知文を送付します。
(2)指定更新申請書の提出
通知文に定める期日までに、指定更新申請書に関係書類を添付の上、下記の「お問合せ先」の担当課へ提出する。
(3)書類審査
介護保険法等に基づき、指定更新の欠格事由該当の有無及び人員、設備、運営基準などについて審査する。
(4)地域密着型サービス運営委員会への諮問
指定更新について、地域密着型サービス運営委員会から意見を聴取する。
(5)指定更新の通知
指定更新の欠格事由に該当せず、更新要件を全て満たす場合は、指定有効期間の満了日までに更新通知書を送付する。

※西宮市外に所在する事業所の指定更新・申請書類については、別途手続を定めていますので下記問合せ先までお問合せ下さい。

手数料について

平成24年4月1日から地域密着型サービスの新規指定・指定更新申請には、手数料が必要となります。詳しくは下記をご覧ください。
なお、西宮市外に所在する地域密着型サービスの指定更新については、手数料を支払っていただく必要はありません。
ダウンロードdownload

指定更新に必要な申請書類(様式)

ダウンロードdownload
申請書ダウンロードdownload

その他

(1)指定の更新手続(更新申請)をしなかった場合は、有効期間満了をもって指定の効力を失うこととなります。(介護保険から報酬を受けられなくなります)。
(2)みなし指定等により他市町村の利用者がいる場合には、当該他市町村に対しても指定更新申請を行う必要があります。(他市町村の指定更新申請の時期、手続等については、当該他市町村にお問い合わせください。)

ページのトップへ