西宮市消防局

火災予防

火災から大切な人命を守るため住宅用火災警報器を設置しましょう

更新日:
2014年2月17日
ID:
5923

印刷

いつまでに設置するの

平成18年6月1日以降、新築する住宅には住宅火災警報器を設置しなければなりません。
現在お住まいの住宅については、平成23年5月31日までに設置してください。

住宅用火災警報器とは

住宅用火災警報器とは、火災などから発生する熱や煙などを早期に感知して、警報音や音声で知らせてくれるものです。

ホームセンターまたは家電量販店で販売しています。
値段は、電池の寿命にもよりますが、1個5千円位から1万円位です。
ガス会社が、ガス漏れ警報器と一緒にリースしている場合もあります。

取り付け方法は、ネジ止め式ですから簡単ですが、業者に依頼する場合は、1個に付き2千円位です。

住宅用火災警報器の種類
天井取付式住宅用火災警報器 天井取付式住宅用火災警報器







壁掛け式住宅用火災警報器
       壁掛け式住宅用火災警報器




       

熱式住宅用火災警報器
   熱式住宅用火災警報器

設置場所

住宅用火災警報器の取り付け場所は

・普段寝ている部屋
・台所
・階段の上部

です。

取付位置

取り付けが天井の場合

・壁面からの60センチ以上離します。
・換気扇やエアコンの吹き出し口から1.5メートル以上離します。
・梁(はり)がある場合は、梁から60センチ以上離します。

取り付けが壁面の場合

・天井から15以上50センチ以内の位置に火災警報器の中心が来るように取り付けます。

不明な点は

消防局予防課にお問合せ下さい。

ページのトップへ