介護保険

介護サービス・費用等

高額介護サービス費

更新日:
2017年8月30日
ID:
3388

印刷

介護サービスの利用料(同一世帯の居宅サービス・施設サービスの合計額)の1ヶ月の支払が一定の上限額(自己負担上限額:下表を参照してください)を超えた場合、その超えた部分について「高額介護サービス費」として支給するものです。

所得区別自己負担上限額(月額)
 利用者負担段階上限額
第1段階市民税世帯非課税で老齢福祉年金受給15,000円
第2段階市民税世帯非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下15,000円
第3段階市民税世帯非課税で、利用者負担第1段階・第2段階以外24,600円

第4段階

(一般)

利用者負担第1段階から第3段階以外

37,200円(~平成29年7月)

44,400円(平成29年8月~)

第4段階

(現役並み所得)

利用者負担第1段階から第3段階以外で現役並み所得(平成27年8月~)44,400円


※ただし、同じ世帯に複数の利用者がいる場合は、世帯全体の利用料で算定します。

※なお、同じ世帯に第1段階または第2段階の利用者が複数いる場合は、世帯の上限額が24,600円になります。

平成29年度制度改正における変更点

高額介護サービス費の月額上限の変更

 平成29年8月利用分より、世帯のどなたかが市県民税を課税されている方の負担の上限が37,200円(月額)から44,400円(月額)に引き上げられます。

 ただし、同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、時限措置として年間446,400円(37,200円×12ヶ月)の上限が設けられます。

ダウンロードdownload

高額介護サービス費の対象となるもの

利用料(自己負担)として支払った介護サービス費用の利用者負担部分の合計が対象です。
※介護サービス費用…介護給付、予防給付、第1号事業

施設サービスの居住費(滞在費)・食費や日常生活費は含まれません。福祉用具の購入費、住宅の改修費も含まれません。

なお市民税世帯非課税の方について、施設サービス等の居住費(滞在費)・食費については負担を軽減する制度があります。
詳しくはこちら

申請の方法

対象になる方には介護保険課から申請書をお送りします。支給申請書に必要事項を記入、押印の上、西宮市介護保険課に提出していただくことが必要となります。なお一度申請をされると、それ以後の申請は不要となります。
 
申請方法一度申請されると、以後の申請は不要
添付書類申請時点で被保険者本人がお亡くなりになっている場合は、添付書類が必要ですので介護保険課までご連絡ください。
振込日原則、サービス利用月の4ヶ月後の月末


申請書に住所と氏名を記入し、押印をしたうえで、西宮市介護保険課に提出してください。

ダウンロードdownload

個人番号について

1.窓口で被保険者本人による申請等の場合

 各種申請等を行う際には、個人番号を記載してください。受け付けの際、個人番号に誤りがないか「番号確認」及び「本人確認」を行わせていただきます。

「番号確認」…「個人番号カード」「通知カード」「住民票(番号付き)」                   「本人確認」…「運転免許証」「パスポート」「障害者手帳」等(健康保険被保険者証・介護保険被保険者証・年金手帳等 顔写真のないものは2つ以上の提示が必要)                                 ※「個人番号カード」をお持ちの方は、本人確認資料は不要です。   

 なお、個人番号の記載や確認資料の提示が困難な場合には、個人番号は未記入のまま提出いただいて差し支えありません。

2.窓口で代理人による申請等の場合

 被保険者本人による申請と同様に個人番号を記載していただく必要があります。

 代理人から個人番号の提供を受ける場合には、「代理権の確認(※)」及び「代理人の本人確認」をした上で、個人番号に誤りがないか「番号確認」を行わせていただきます。

 なお、個人番号の記載や確認資料の提示が困難な場合には、個人番号は未記入のまま提出いただいて差し支えありません。 

※「代理権の確認」について

 住民票上同一世帯の世帯員以外が申請を行う際には「代理権の確認」が必要となります(確認資料は以下のとおり)。

①    成年後見人等の法定代理人の場合

・登記事項証明書、その他法定代理人であることを証明する書類

②    その他の代理人の場合

・委任状

※代理権の確認資料がない場合は、被保険者本人の被保険者証、市が送付した本人名が記載された当該申請書等を預かってきていることで、被保険者本人から委任されたとみなします。

 3.郵送による申請等の場合

 郵送で申請書等を提出する際も個人番号を記載していただく必要があります。

 また、個人番号が記載された申請書等を受け付ける際は個人番号に誤りがないか「番号確認」及び「本人確認」を行わせていただきますので、「1.窓口で被保険者本人による申請等の場合」記載の確認資料の写しを添付してください。

 なお、個人番号の記載や確認資料の添付が困難な場合には、個人番号は未記入のまま提出いただいて差し支えありません。

ページのトップへ