各種行政委員会

農業委員会

耕作目的での農地の売買、貸し借りについて【農地法第3条許可について】

更新日:
2014年3月10日
ID:
3358

印刷

農地売買及び貸し借り【農地法第3条許可】

 農地を耕作目的で売買、貸し借りする場合は、農地法第3条の許可が必要です。
 ★ 許可申請にあたって次の項目を参考に手続きをお願いします。
    ・許可にあたっての審議内容について
    ・手続きにかかる標準処理期間について
    ・農地法第3条許可を得るための基準について【NEW!! 下限面積要件を緩和しました。】
    ・申請用紙及び、添付書類等について
◆許可にあたっての審議内容について◆
 西宮市農業委員会では、農業委員会総会(農業委員15名により農地法等の申請内容を審議及び許可決定等をする場)にて以下の許可基準に沿って農地法第3条許可申請内容を審議し、許可等の決定をしております。 
 なお、総会の議事記録は 『農業委員会総会について』のページで公開しておりますのでご参考下さい。

◆手続きにかかる標準処理期間について◆
 手続きとしては、西宮市内の農地を取得する場合は、西宮市農業委員会許可となり、毎月月末締めで受付をし、翌月の農業委員会総会(原則20日開催)で諮り、受付から25日を目処に許可等の指令書を交付しております。
 
 なお、市外在住の方が西宮市内の農地を取得する場合は、県知事許可でしたが、平成24年4月1日より、当該権限が移譲されたため、西宮市農業委員会許可となっております。
 
◆農地法第3条許可を得るための基準について◆
 農地法第3条の許可を得るには次の基準を満たす必要があります。当該申請をされるご予定の方は参考にして下さい。
 ①全部効率利用要件・・・売買・貸し借りをする農地をすべて耕作する労力、技術等を有していること。
 ②常時従事要件・・・原則年間150日以上の農業従事を必要とすること。
 ③下限面積要件・・・農地の売買・貸し借りをした後、すべての農地の面積が一定規模以上あること。
設定下限面積 適用区域
 5a 西宮市のうち、鷲林寺1丁目、鷲林寺2丁目、鷲林寺町の区域 
10a 西宮市(上段地域を除く。) 
 ④地域調和要件・・・農地利用の分断、水利の阻害、地域営農方法への悪影響がないこと。
 
 ※ 農地法第3条第2項に規定された基準に沿って農業委員会総会で審議します。
  なお、総会での審議例は次よりダウンロードできます。参考にして下さい。
申請書ダウンロードdownload
◆申請用紙及び、添付書類等について◆
 農地法第3条の申請用紙及び添付書類は、次によりダウンロードできます。
 なお、農地法第3条の許可を得るには、全項目の許可基準を満たす必要がありますが、許可基準を満たしているかどうかは、当該申請用紙及び、添付書類、現地調査等により確認することになります。
申請書ダウンロードdownload

ページのトップへ