企画調整・庁議

広域行政

広域行政

更新日:
2015年9月3日
ID:
2084

印刷

交通・通信手段の発達は、ライフスタイルに変化をもたらし、市民の行動圏・生活圏も市町村の枠を超えて広域化が進むなど、行政を取り巻く環境は常に変化し続けています。また、市民の地方自治体へのニーズも複雑化・多様化しており、行政サービスにおいても一層の高度化や専門化が求められます。
このような状況に地方自治体が適切に対応するためには、広域的な視点から連携・協力し、行政を進めていくことが必要です。
西宮市は、様々な共通の課題を持つ市町と連携・共同して、事業を実施しています。
ここでは、関係する主な団体を紹介します。

神戸隣接市・町長懇話会


ぐるっと神戸

 

 

「神戸隣接市・町長懇話会」は、神戸市と神戸市に隣接する市町(芦屋市・西宮市・宝塚市・三田市・三木市・稲美町・明石市・淡路市)におけるまちづくりの課題について、情報及び意見の交換を行い、それをもって地域住民の生活向上へ資することを目的に活動しています。
また、年に1度、8市長・1町長で意見交換会も開催しています。

協同で運営する「ぐるっと神戸」のホームページでは、それぞれの市町のイベントやおすすめスポットなどを紹介しており、こちらのサイトから、各市・町の観光スポットなどを紹介した「ぐるっと神戸マップ」やおすすめ散策コース等をご紹介する「おすすめウォーキングマップ」をダウンロードしていただくことも可能です。「ぐるっと神戸マップ」につきましては、西宮市役所本庁舎1階の情報コーナーや各支所、政策推進課などでも配布しています。

また、地域ブランドPRのための共同事業として「神戸まつり」にブース出展を行ったり、技術職員の合同研修を実施するなどの活動を行っています。


丹波少年自然の家事務組合


丹波少年自然の家「やまびこ」

 

 

丹波少年自然の家事務組合は、阪神7市1町(尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町)と丹波地域の2市(丹波市、篠山市)で構成しており、丹波少年自然の家の設置及び管理に関する教育事務を行っています。

丹波少年自然の家は、丹波少年自然の家事務組合が運営する野外活動施設で、丹波市の朝来群山県立自然公園の一角にあります。

都会の喧騒を忘れて、木々や草花に囲まれ、野生動物との出会いなどを通して、自然を満喫してみませんか?

ページのトップへ