子育て

こどもを預けたいとき(一時預かりなど)

にしのみやしファミリー・サポート・センター

更新日:
2015年8月26日
ID:
1945

印刷

地域の中で子供を預け、預かりあい、地域ぐるみの子育て支援を目指すものです。「子育ての手助けをしてほしい人(依頼会員)」と「子育ての手助けをしたい人(提供会員)」が会員となって、依頼・提供・両方会員のいずれかに登録し、お互いが助け合いながら、地域の中で育児の援助活動を行なう、会員制の組織です。

会員の種類

【依頼会員】
子供を預けたい方
0歳から小学6年生までの子供をお持ちの方
西宮市内在住または在勤者

【提供会員】
西宮市内在住で、自宅で子供が預かれる方
子供に関する資格または、子育て経験のある心身ともに健康な方
センターの実施する「保育サポーター養成講座」を修了された方

【両方会員】
提供と依頼のどちらも兼ねる方


お問い合わせはこちら


活動内容

・ 保育所(園)、幼稚園の送り迎え
・ 学校の放課後、または留守家庭児童育成センター終了後の預かり
・ 保育所の休みの日の預かり
・ 会員の用事や育児支援のための預かりなど(例:沐浴援助、通院付き添い)

利用方法

1.会員登録の後、利用したい日時をセンターに申し込みます。受付は2カ月前からです。
2.センターが仲介をして、条件にあった会員を紹介し、会員間で事前打ち合わせをしてから利用します。
3.センターで行う援助は、子育て中の人が仕事や用事などで子供の世話ができない時に行う、一時的または短期間のものです。
4.預かる場所は原則として、提供会員の自宅です。報酬は直接提供会員に支払います。


補償保険制度

活動中の事故や万一の賠償請求に備え、安心して活動が行えるよう、会員はすべてファミリー・サポート・センター補償保険(「会員傷害保険」「賠償責任保険」「児童傷害保険」)に自動的に加入します。
※保険料の会員負担はありません

 

申請書ダウンロードdownload

ページのトップへ